大道具方(読み)おおどうぐかた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大道具方
おおどうぐかた

歌舞伎の舞台装置を担当した大工職が,専門職として独立したとき,これを大道具方と呼び,彼らの組立てた装置を大道具と称した。大道具方は,定められた大道具帳 (舞台装置図) によって道具を作製し,配置から開演中の移動までを担当する。歌舞伎の場合は独特の舞台機構を駆使し,仕掛物 (特別の仕掛けのある道具) を扱うため,専門の技術を要した。江戸期から続く長谷川勘兵衛という専門職がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおどうぐ‐かた〔おほダウグ‐〕【大道具方】

大道具の製作・飾りつけなどを担当する人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおどうぐかた【大道具方】

大道具の製作・運用などを担当する者。大道具。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android