大道具方(読み)おおどうぐかた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「大道具方」の解説

大道具方
おおどうぐかた

歌舞伎の舞台装置を担当した大工職が,専門職として独立したとき,これを大道具方と呼び,彼らの組立てた装置を大道具と称した。大道具方は,定められた大道具帳 (舞台装置図) によって道具を作製し,配置から開演中の移動までを担当する。歌舞伎の場合は独特の舞台機構を駆使し,仕掛物 (特別の仕掛けのある道具) を扱うため,専門の技術を要した。江戸期から続く長谷川勘兵衛という専門職がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「大道具方」の解説

おおどうぐ‐かた おほダウグ‥【大道具方】

〘名〙 歌舞伎の大道具を製作し、舞台の飾り付けや幕の開閉回り舞台の操作、せり上げ綱引きなどを担当した者。現在は、新劇、映画、テレビなどの舞台装置を担当する者もいう。大道具。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大道具方」の解説

おおどうぐ‐かた〔おほダウグ‐〕【大道具方】

大道具の製作・飾りつけなどを担当する人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android