コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大銀杏 おおいちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大銀杏
おおいちょう

十両以上の関取が場所入り,取組土俵入りなどの公式の場で結う髪形。まげの先がイチョウの葉のように広がっているところから大銀杏と名づけられた。幕下以下はすべて丁髷 (ちょんまげ) であるが,十両との取組,初っ切り甚句弓取り断髪式などのときは,大銀杏を結い土俵に上がる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おお‐いちょう〔おほイチヤウ〕【大銀杏】

イチョウの大木。
武士の髪形で、髷(まげ)の先をイチョウの葉の形に広げて結うもの。相撲では十両以上の力士が結う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおいちょう【大銀杏】

大きなイチョウの木。
男の髪形で、髷まげの先をイチョウの葉の形に大きく広げた結い方。相撲では十両以上の力士が結う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大銀杏の関連キーワード荏柄天神社境内西川 喜久力士養成員高山不動相撲髷最首悟景清

大銀杏の関連情報