コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大銀杏 おおいちょう

3件 の用語解説(大銀杏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大銀杏
おおいちょう

十両以上の関取が場所入り,取組,土俵入りなどの公式の場で結う髪形。まげの先がイチョウの葉のように広がっているところから大銀杏と名づけられた。幕下以下はすべて丁髷 (ちょんまげ) であるが,十両との取組,初っ切り,甚句,弓取り,断髪式などのときは,大銀杏を結い土俵に上がる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおいちょう【大銀杏】

大きなイチョウの木。
男の髪形で、髷まげの先をイチョウの葉の形に大きく広げた結い方。相撲では十両以上の力士が結う。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大銀杏の関連情報