大銀杏(読み)おおいちょう

精選版 日本国語大辞典「大銀杏」の解説

おお‐いちょう おほイチャウ【大銀杏】

〘名〙
① 銀杏の大木
※唱歌・鉄道唱歌(1900)〈大和田建樹〉東海道「立てる一木(ひとき)の大鴨脚樹(オホイテフ)
② 男子結髪の一つ。髷の刷毛先を銀杏の葉の形に大きく広げたもの。月代(さかやき)は小さく、両端は低く、中央は高くなっている。相撲では十両以上の力士が結う。
※浮世草子・御前義経記(1700)一「前髪のなだれ両の耳にふりわけ、髱(つとう)ゆたかにたてかけ髪の大銀杏(イテフ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大銀杏」の解説

おお‐いちょう〔おほイチヤウ〕【大銀杏】

イチョウの大木。
武士の髪形で、髷(まげ)の先をイチョウの葉の形に広げて結うもの。相撲では十両以上の力士が結う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「大銀杏」の解説

大銀杏
おおいちょう

十両以上の関取が場所入り,取組土俵入りなどの公式の場で結う髪形。まげの先がイチョウの葉のように広がっているところから大銀杏と名づけられた。幕下以下はすべて丁髷 (ちょんまげ) であるが,十両との取組,初っ切り,甚句弓取り,断髪式などのときは,大銀杏を結い土俵に上がる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

かにの日

6月22日。JRI株式会社かに道楽が制定。同社が経営するカニ料理店「かに道楽」でキャンペーンを実施する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android