コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敵討天下茶屋聚 かたきうちてんがぢゃやむら

2件 の用語解説(敵討天下茶屋聚の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かたきうちてんがぢゃやむら【敵討天下茶屋聚】

歌舞伎狂言。時代物。6幕。2世奈河亀輔並木十輔の作。原名題《大願成就 殿下茶屋聚》。通称《天下茶屋》。1781年(天明1)12月大坂藤川山吾座(角の芝居)初演。大坂天下茶屋の敵討を脚色したもの。江戸での初演は1816年(文化13)閏8月の桐座。のち35年(天保6)中村座で上演のとき,4世大谷友右衛門が元右衛門の役に工夫を加えた。浮田の家中早瀬玄蕃は,東間三郎右衛門に殺される。玄蕃の子伊織と源次郎,伊織の妻染の井,源次郎の妻葉末は,下部の弥助とその弟の元右衛門を供にして敵討の旅に出る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

敵討天下茶屋聚
かたきうちてんがぢゃやむら

歌舞伎(かぶき)脚本。時代物。6幕。奈河亀輔(ながわかめすけ)・奈河十輔ら合作。1781年(天明1)12月、大坂・角(かど)の芝居初演。題材は、慶長(けいちょう)年間(1596~1615)、浮田家の臣林源三郎が父と兄の仇(あだ)当麻三郎右衛門(とうまさぶろうえもん)を、家来鵤幸右衛門(いかるがこうえもん)の協力により、大坂の天下茶屋で討った事件。初演の名題(なだい)は『大願成就殿下茶屋聚(たいがんじょうじゅてんがぢゃやむら)』であったが、多くの改訂を経て表記の名題に定着した。通称「天下茶屋」。早瀬伊織と源次郎の兄弟は父の仇東間(とうま)三郎右衛門と奪われた紀貫之(きのつらゆき)の色紙(しきし)を尋ね、妻染の井・葉末、家来安達元右衛門(あだちもとえもん)・弥助の兄弟とともに諸国を流浪する。しかし、元右衛門は四天王寺で生来の酒乱をつけこまれて東間に寝返り、後日、早瀬兄弟の住む東寺(とうじ)裏の貸し座敷に忍び込み、色紙を得るため染の井が身売りして調達した金を奪い、弥助を殺し、伊織の足を傷つける。歩けなくなった伊織は天神森の非人小屋に暮らしていたが、元右衛門の手引きで現れた東間の返り討ちにあう。源次郎も危ういところを家来筋の京屋万助に救われ、同じく旧臣人形屋幸右衛門の忠義によって色紙も手に入り、染の井・葉末とも再会、天下茶屋で東間と元右衛門を討って本懐を遂げる。4世大谷友右衛門が1835年(天保6)に大好評を得て以来、それまで脇役(わきやく)であった元右衛門を主役にした脚本・演出が後世に伝わった。「四天王寺」「東寺裏」「天神森」「敵討」の4幕が多く上演されるが、まれに、幸右衛門が色紙を買い戻すため、息子のけがにかこつけて隣家の万助から治療代を得ようとする「人形屋」「京屋」の場面も上演される。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

敵討天下茶屋聚の関連キーワード奈河亀輔伽羅先代萩書替狂言歌舞伎狂言時代狂言実録忠臣蔵島原狂言続狂言奈河亀輔(2代)奈河七五三助(初代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone