コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天人合一 てんじんごういつ tiān rén hé yī

2件 の用語解説(天人合一の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

てんじんごういつ【天人合一 tiān rén hé yī】

天と人間との関係をどうとらえるかという問題は,中国思想史を貫く大きなテーマであるが,天・人を対立するものとせず,本来それは一体のものであるとする思想,あるいはその一体性の回復を目ざす修養,または一体となった境地を〈天人合一〉と呼んでいる。すでに《荘子》において表明されているが,これを盛んに唱道したのは宋代の道学者であった。朱子学でいう〈天理を存し人欲を去る〉という命題もひとつの天人合一論ということができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天人合一
てんじんごういつ

旧中国において、天と人間とは本来的に合一性をもつとし、あるいは、人は天に合一すべきものとする思想。中国では、超越的存在としての天の概念がきわめて有力で、人の天に対する独自性は発想されることが少なかったから、人の天への合一が、人間の不完全性の克服として考えられた。儒家の天命説も、道家の、人は作為を捨て天と一致せよとする説も、広義では天人合一の思想といえる。とくに漢代の儒教では、自然現象と人間世界の現象との間に、相互の照応や因果関係があるとされ、そこに、自然現象の根源としての天と、人間との相関が考えられた。これは、陰陽説などを吸収しつつ、天人の合一性を自然観・人間観のなかで理論化したものである。この漢代の天人合一・天人相関の思想では、君主の行為の適否に応じて自然現象に祥端(しょうずい)・災異が生じ、ひいては人間の生活に決定的な影響が及ぶとされたが、これは、天と人間一般とを媒介する中軸の位置に君主を置くことにより、君主に超人間的権威を付与するものであった。[内山俊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天人合一の関連キーワードアウトライン機能神学大全相同天人相関説人間関係モリナ何かと言うと何かと言えばエルゴデザインゲル=マンの関係

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone