天明上信騒動(読み)てんめいじょうしんそうどう

百科事典マイペディア「天明上信騒動」の解説

天明上信騒動【てんめいじょうしんそうどう】

江戸時代,上野(こうずけ)国・信濃(しなの)国で起きた百姓一揆。群馬県では安中(あんなか)騒動,長野県では天明騒動天明佐久(さく)騒動などとよぶ。1783年の浅間(あさま)山噴火による被害で食糧不足が起き,米屋の買占めなどもあり,中山(なかせん)道馬子(まご)・人夫・駕籠(かご)かきらが中心になって米屋を襲撃する事態となった。これを契機に安中藩領全域に広がり,さらに信濃方面にも打毀(うちこわし)をしながら押し寄せ,2000人ほどの規模となって上田領に及んだが,武力により鎮圧された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「天明上信騒動」の解説

てんめいじょうしんそうどう【天明上信騒動】

1783年(天明3)浅間山大爆発で甚大な被害を受けた西上州の安中領から勃発し,東信濃の佐久・小県地方にまで波及した打毀一揆。群馬県では安中騒動と呼び,長野県では天明騒動もしくは天明佐久騒動と呼んでいる。上州碓氷郡の諸村は,養蚕畑作地帯で,信州の佐久地方から米を移入していたが,この年の浅間山大噴火の被害で作物が全滅したうえ,佐久米の移入もとだえ,深刻な食糧不足に見舞われた。米屋の買占めもあったため,まず中山道の交通労働者(馬子,人夫,かごかき等)が中心となり,小前百姓も加わって米屋襲撃が行われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android