コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天測 テンソク

4件 の用語解説(天測の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てん‐そく【天測】

経度・緯度を知るために、六分儀(ろくぶんぎ)などを用いて天体の方位・高度を測定すること。「天測航法」「天測位置」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

天測

星の高さを測り、経緯度や自分の位置を知る航海術。天文航法とも呼び、航空機夜間飛行に応用された。全地球測位システム(GPS)の普及によりほとんど使われなくなったが、海上保安庁は今も「天測暦」を発刊している。

(2006-04-07 朝日新聞 朝刊 山梨全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんそく【天測】

太陽,月,惑星,恒星などを使って観測点の経度,緯度を求めること。航空機や船舶が陸地を離れて目標物がなくなったときに,その位置を知るために六分儀などを使って天体の高度を測定し,観測時刻とその天体の予報位置とから計算によって位置を求め,進路を定めることを天文航法といい,このために天文航法用の特別な天測計算表が出版されている。しかしこのような観測は天候によっては不可能となり,また熟練を必要とするため,しだいに電波航法に代わっていっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天測の関連情報