コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天野貞祐 あまのていゆう

6件 の用語解説(天野貞祐の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天野貞祐
あまのていゆう

[生]1884.9.30. 神奈川
[没]1980.3.6. 東京
哲学者,教育者。 1912年京都大学を卒業,第七高等学校学習院,京都大学 (1931~44) の教授を歴任し,第4次吉田内閣文部大臣 (50~52) をつとめた。以後没年まで独協学園長 (64~69,独協大学学長) であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あまの‐ていゆう〔‐テイイウ〕【天野貞祐】

[1884~1980]哲学者・教育者。神奈川の生まれ。京大教授。一高校長・文相などを歴任。カントの「純粋理性批判」を訳す。著「道理の感覚」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天野貞祐 あまの-ていゆう

1884-1980 大正-昭和時代の哲学者。
明治17年9月30日生まれ。カント哲学を専攻し,昭和6年母校京都帝大の教授。戦後は一高校長ののち,25年第3次吉田内閣の文相となる。六三制義務教育の充実,給食制度の推進につとめたが,道徳教育を強調し,「国民実践要領」を提案して批判をうける。36年文化功労者。39年独協大初代学長。昭和55年3月6日死去。95歳。神奈川県出身。著作に「道理の感覚」など。
【格言など】道徳的なるものこそ一切の力の源泉である。一切の存在の根源である(「道理の感覚」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

あまのていゆう【天野貞祐】

1884‐1980(明治17‐昭和55)
哲学者。神奈川県に生まれ,一高を経て,1912年京都大学哲学科を卒業。専攻はカント哲学であるが,教育者を志望し14年七高ドイツ語教師。学習院教授,ドイツ留学を経て,26年京大助教授,31年教授。第2次大戦後一高校長に就任したが,旧制高校の教育的役割を高く評価し,新学制による同校の東京大学への併合に反対して辞任した。教育刷新委員会委員,文部大臣(1950‐52),中央教育審議会会長,独協大学学長などを歴任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あまのていゆう【天野貞祐】

1884~1980) 哲学者・教育者。神奈川県生まれ。京大卒。専攻はカント哲学。第二次大戦後、一高校長・文部大臣などを歴任。訳書「純粋理性批判」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天野貞祐
あまのていゆう
(1884―1980)

哲学者、教育者。神奈川県に生まれる。1912年(明治45)京都帝国大学文科大学卒業。第七高等学校、学習院教授などを経て、1931年(昭和6)京都帝大教授。専攻はカント哲学。人生論、教育論、学生論も多い。1944年同校を退職してのち、甲南高等学校校長。第二次世界大戦後、第一高等学校校長となる。教育刷新委員会委員として教育基本法制定にもかかわった。1950年(昭和25)5月から第三次吉田茂内閣の文相となり、道徳教育の重要性を強調、自ら「国民実践要領」を草し、不評を買った。のち1953年獨協(どっきょう)学園園長、1955年から1963年まで文部省中央教育審議会会長。1961年度文化功労者。[尾崎ムゲン]
『天野貞祐著『忘れえぬ人々 自伝的回想』(1953・河出書房) ▽『天野貞祐全集』全9巻(1970~1972・栗田出版会/復刻版・1999・日本図書センター)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の天野貞祐の言及

【教育勅語】より

…このような公式決議にもかかわらず,教育勅語復活を待望する声は根強く残った。51年文相天野貞祐は〈国民実践要領〉を発表した。これは教育勅語の復活ではないが,政府から道徳基準を示す方式であった。…

【独協大学】より

…1937年独逸学協会中学校と改称,第2次大戦後の47年独協学園と改称し,48年には新制の高等学校・中学校が認可された。52年哲学者天野貞祐を校長として再興をはかり,64年独協大学を開設した。73年には兄弟校として,栃木県下都賀(しもつが)郡壬生(みぶ)町に独協医科大学を開設,77年に大学院を設置する。…

※「天野貞祐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天野貞祐の関連キーワード池上鎌三岩崎武雄出隆小山鞆絵勝部謙造川合貞一須田豊太郎錦田義富速水敬二山元一郎

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天野貞祐の関連情報