独協大学(読み)ドッキョウダイガク

百科事典マイペディアの解説

独協大学【どっきょうだいがく】

埼玉県草加市にある私立大学。1881年設立された独逸(ドイツ)学協会を母体に,1883年品川弥二郎独逸学協会学校を開設(初代校長西周),ドイツ語,ドイツの法律・政治学を中心とする中学教育に重点がおかれた。1937年独逸学協会中学校,1947年独協学園に改称,1964年独協大学開設。外国語,経済,法,国際教養の4学部(2012年4月現在)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どっきょうだいがく【独協大学】

埼玉県草加市にある私立大学。1881年,ドイツ帝国の学問と法制を研究する独逸学協会が設立され,それを母体として83年協会委員長品川弥二郎が開設した独逸学協会学校(初代校長西周)を起源とする。ドイツ語およびドイツの法律・政治学の教授を標榜し,中学教育に重点がおかれ進学校となる。1937年独逸学協会中学校と改称,第2次大戦後の47年独協学園と改称し,48年には新制の高等学校・中学校が認可された。52年哲学者天野貞祐を校長として再興をはかり,64年独協大学を開設した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

独協大学
どっきょうだいがく

私立。1964年(昭和39)、ドイツ文化の移植を目的とする独協学園を母体として、哲学者天野貞祐(ていゆう)によって創設された。2010年(平成22)時点で、外国語学部、国際教養学部、経済学部、法学部の4学部と、法学、経済学、外国語学、法務の4研究科の大学院からなる。「大学は学問を通じての人間形成の場である」との創立者のことばを建学の精神とし、徹底した語学教育を特徴としている。所在地は埼玉県草加(そうか)市学園町1-1。[喜多村和之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

独協大学の関連情報