コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教育基本法 きょういくきほんほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教育基本法
きょういくきほんほう

平成 18年法律 120号。日本国憲法精神にのっとり,教育の基本を確立するとともに,その振興をはかるために制定された法律。 1890年に発布された教育勅語に代わり,1947年旧教育基本法学校教育法とともに成立。第2次世界大戦後の教育改革にあたり,新しい教育の理念を明示し,その後の教育関係法令の基本とされた。現行法は,科学技術の進歩,情報化,国際化,少子高齢化などの新たな課題に対応するため,旧法を全面的に改正して 2006年に公布,施行された。教育憲章などともいわれるように,全体として倫理的な宣言規定の色彩が強く,他の法律では珍しい前文を有し,この法律が制定された主旨が述べられている。本文は 18ヵ条からなり,教育の目的教育の機会均等義務教育,学校教育,社会教育,政治教育宗教教育など旧法からの規定に加え,生涯学習の理念,大学,私立学校,家庭教育,幼児期の教育,学校・家庭および地域住民等の相互の連携協力などの規定が新たに設けられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

教育基本法

第2次世界大戦後の日本の教育制度や政策の基本理念を示した法律。1947年3月31日制定。日本国憲法では第26条で「教育を受ける権利、教育の義務」について規定し、教育基本法は憲法に則って教育の目的を明示し、日本の教育の基本を確立するために制定された。教育の目的、方針、機会均等、義務教育、男女共学、学校教育、社会教育、政治教育、宗教教育、教育行政にわたる10カ条と補則(第11条)から成る。鳩山内閣と池田内閣のもとで改正の動きがあったが実現せず、2000年11月、首相の私的諮問機関として設けられた教育改革国民会議が見直し提言し、改正問題が再浮上した。以降、中教審での審議などを経て、国会においても「愛国心」問題を中心に論議が行われ、06年の通常国会では、衆院教育基本法特別委員会の50時間近くに及ぶ論議などを経て、06年12年に改正され、同月22日に施行された。旧法では教育基本法で、義務教育は「9年の普通教育」と年数が定められていたが、改正法では、年数については「別に法律で定める」ことになった。

(新井郁男 上越教育大学名誉教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

教育基本法

戦後教育の理念を定める「教育の憲没として1947年に制定。憲法と同じ年に施行され、改正されたことはない。現行は全11条。前文で「憲法の理想の実現は、根本において教育の力にまつべきもの」とし、「個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間の育成を期する」とうたう。教育の機会均等や9年制の義務教育、男女共学も盛り込まれた。「祖国を愛せという言葉がない」「わが国の伝統が伝え得ない」と文相らが発言するなど見直し論が幾度となく起きた。00年には森首相(当時)の私的諮問機関・教育改革国民会議が見直しを提言。中央教育審議会が03年、改正を求める答申で「『公共』の精神、道徳心」「日本の伝統・文化の尊重、郷土や国を愛する心」などの理念を盛り込むのが適当とした。

(2006-04-29 朝日新聞 朝刊 政治)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょういく‐きほんほう〔ケウイクキホンハフ〕【教育基本法】

日本国憲法の精神に基づき、日本の教育の基本的なあり方を明示した法律。義務教育や家庭教育、生涯学習などについて、それぞれの基本方針を定めた18条からなる。昭和22年(1947)施行。平成18年(2006)の改正で前文に「公共の精神の尊重」「豊かな人間性と創造性」「伝統の継承」などについての記述が盛り込まれた。→不当な支配

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

教育基本法【きょういくきほんほう】

日本国憲法の精神にのっとり,教育の目的を明示し,日本の教育の基本を確立するために1947年3月に公布施行された法律。前文と11条からなる。教育勅語に代わって,教育を国民自らのものとする教育権利宣言であると同時に,教育諸法令の基本としての〈教育憲法〉の性格をもつものであった。
→関連項目安倍晋三内閣学校教育法教育権教育刷新委員会教育の機会均等教育の中立性公教育社会教育法宗教教育政治教育男女共学男女別学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

防府市歴史用語集の解説

教育基本法

 1947年(昭和22年)に公布された、日本国憲法の精神に基づいて、戦後の新しい日本の教育の根本理念を確定した法律です。教育の目的、方針、機会均等、義務教育、男女共学、学校教育、社会教育、政治教育、宗教教育、教育行政を規定します。あらゆる教育関係の法令の基本となっています。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょういくきほんほう【教育基本法】

1947年3月31日公布施行された法律で,現行教育法制において最も重要な地位をしめている。すなわち,1890年の教育勅語にかわり,日本国民の名において民主主義教育の理念と目的を宣言し,教育を国民自らのものとする教育権利宣言である。また,日本国憲法に内在する教育理念を明示し,憲法の付属法的地位をしめるとともに,他の教育法令をみちびきだす根本的基礎的法律であり,教育憲法ともいわれている。教育基本法は前文と11ヵ条からなる簡潔な法律であるが,そこには日本の教育の基本原理が明示されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょういくきほんほう【教育基本法】

日本国憲法の精神に基づいて、新しい教育の目的とその基本方針を示した法律。1947年(昭和22)制定。教育勅語に代わるものとして、教育憲法とも呼ばれる。教育の目的・方針・機会均等・義務教育、男女共学などについて規定している。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

教育基本法
きょういくきほんほう

直接、憲法に定められるべく期待されていた教育に関しての基本理念と、そして教育制度の基本原則(教育法規の勅令主義から法律主義への転換とのかかわりで求められた)とを、日本国憲法にかわり宣明した法律。昭和22年法律第25号。憲法のように同法と矛盾する他の法律規定を無効にする力はない。しかし一般に教育関係法令の解釈および運用については、同法の規定、趣旨、目的に沿うよう配慮すべきであるとされている。[木村力雄]

性格

それについては、次のことがいえる。
(1)教育勅語にかわる教育の基本理念の核は、個人の尊厳を重んじ、人格の完成を目ざし、真理、平和、正義を希求する人間の育成を期し、普遍的で個性豊かな文化の創造を目ざす教育の普及徹底ということにある。第二次世界大戦前の公教育の抱えていた課題の克服も、憲法の掲げる民主政治の理想の実現も、さらには世界平和や人類の福祉への貢献も、以上のような理念に導かれた教育の力にまつべきことが、同法の前文、第1条で宣明されている。また第2条で、学問の自由、実際生活、自発的精神、自他の敬愛と協力などが強調されているところから、その理念は、憲法に人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果として列記された基本的人権のうち、とくに市民的自由の教育的意味を問うことを通じて確認されたものといえる。
(2)第3条教育の機会均等、第4条義務教育、第5条男女共学の諸規定は、それに対し、憲法の平等権思想の教育面における再確認で、憲法第26条とともに、一君万民あるいは天皇の赤子的平等観に支えられ発達をみた戦前の公教育を、根底から見直すよう宣明している。歴史的にみて自由と平等の理念は、ときに補強し合いながら、ときにぶつかり合ってきた。教育の機会均等の原則は、以下の諸原則とともに、ときにぶつかり合う自由と平等の結び目の役割を果たしているともいえよう。
(3)第6条学校教育と第7条社会教育の規定は、教育の行われる場所によって、その「公の性質」に差の生じることを踏まえ、両者を制度的に分け、公共性の高い学校教育と、自主性・自発性の重んじられる社会教育とが、相互に補完し合うよう設けられたものとみることができる。教育の目的は、あらゆる機会にあらゆる場所で実現されるべきである(2条)とする、同法の当然の帰結といえよう。
 教育における公共性は平等への意志により保たれ、公権力の介入なしにその実現は困難であり、そこでの自由は当然制限される。この教育の場の区分と相互補完の原則は、今後、生涯学習、生涯教育の制度化を進めるうえで生じる諸問題を解決していくためにももっとも重要な原則となろう。
(4)第8条政治教育、第9条宗教教育の規定は、公共性の高い学校教育における中立性の原則を示したもので、特定の政党にかかわる政治教育は法律の定めるすべての学校で禁止され、宗派宗教教育は国・公立学校で禁止されている。政治権力や宗教的権威に対する価値判断能力の育成は、市民的自由の大前提である。しかしそれは、公教育を公教育たらしめている平等の原則とつねにぶつかる。中立性の原則は、自由と平等の相克を学校教育と学校外教育との補完によって、超えようとしたものといえよう。
(5)第10条教育行政には、教育は不当な支配に服してはならないこと、教育行政は諸条件の整備確立を目ざして行われるべきことが併記されている。これまでみてきたところからも、教育を教育たらしめる条件整備の原則は、自由と深くかかわり、また教育を公教育たらしめる原則は、平等の原則と深くかかわっている。前者は指導助言行政と、後者は監督行政とそれぞれ対応する。
 自由と平等の教育の場面でのぶつかり合いを超えて、私教育の充実と相まって、教育行政が公教育を公教育たらしめ、それが結果として、政治権力を公権力たらしめる力となることをこそ同法は願い、憲法にかわって、このように命じたものと読める。第11条補則に、この法律の実施のため、適当な法令の制定さるべきことが定められていることも見落とせない。[木村力雄]

新しい教育基本法

2006年(平成18)12月22日に新しい教育基本法が公布・施行された(平成18年法律第120号)。新教育基本法は、旧法制定(1947)後の教育を巡る状況の変化をふまえて、今日的な視点での教育の目的及び理念、教育の実施に関する基本を定めている。教育行政に関しては、国と地方公共団体の役割分担や財政上の措置について新たに規定し、教育振興基本計画を策定することも新条を設けて規定している。[編集部]
『文部省内教育法令研究会編『教育基本法の解説』(1947・国立書院) ▽宗像誠也編『教育基本法』(1966・評論社) ▽鈴木英一著『教育行政』(『戦後日本の教育改革 第3巻』1970・東京大学出版会) ▽杉原誠四郎著『教育基本法の成立』(1983・日本評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の教育基本法の言及

【学校】より

…49年6月,教育刷新審議会と改称)は,教育の諸問題について精力的に審議を行い,改革のための建議を行った。同年12月27日に出された第1回の建議は,日本国憲法の理想の実現は根本において教育の力にまつべきであるとの考えに立って教育基本法を制定する必要を説いたものである。翌47年3月に公布された同法では,第6条で学校とその教員について〈法律に定める学校は,公の性質をもつものであって,国又は地方公共団体の外,法律に定める法人のみが,これを設置することができる。…

【学校教育法】より

…第1次アメリカ教育使節団報告書の勧告や教育刷新委員会の建議にもとづいて作成され,1947年3月31日公布,同年4月1日施行された。特にこの法律は,国民の教育を受ける権利を明記した日本国憲法26条の趣旨を実現するため制定されたものであり,教育基本法とともに戦後教育改革立法の中心をなす。戦前の学校制度は教育立法の勅令主義により個別に学校令で定められていたのにたいし,この法律は教育立法の法律主義のもと,従来の学校令を廃止し,新しい学校制度を一つの法律にまとめた総合立法である。…

※「教育基本法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

教育基本法の関連キーワード義務教育諸学校における教育の政治的中立の確保に関する臨時措置法都教委の日の丸・君が代通達安倍内閣の教育政策中学校の武道必修化社会教育法(日本)中学の武道必修化6・3・3・4制教育振興基本計画第164通常国会教員の政治活動城戸 幡太郎武道の必修化武道必修化高橋誠一郎教育の無償家庭科教育教育公務員久保 猛夫安倍晋三就学援助

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教育基本法の関連情報