太地喜和子(読み)たいち きわこ

  • 太地喜和子 たいち-きわこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1943-1992 昭和後期-平成時代の女優。
昭和18年12月2日生まれ。俳優座養成所をへて昭和42年文学座に入団。「藪原検校(やぶはらけんぎょう)」「の寺」などに出演し,杉村春子の後継者として期待される。また映画,テレビなどでも活躍したが,文学座巡業先の静岡県伊東市で平成4年10月13日事故死した。48歳。東京出身。松蔭高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の太地喜和子の言及

【劇団】より

…俳優座は48年に創作劇研究会を発足させ,三島由紀夫ら新進劇作家にも場を与えた。49年には演劇研究所を創立,付属俳優養成所を開校して,仲代達矢(1932‐ ),太地喜和子(1943‐92)ら数多くの新人俳優を世に送りだした。そして54年に戦後最初の劇団拠点劇場として東京六本木に俳優座劇場を建設した。…

※「太地喜和子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太地喜和子の関連情報