奇貨居くべし(読み)キカオクベシ

  • きか
  • 奇貨
  • 奇貨(きか)居(お)くべし
  • 居(お)くべし
  • 書名

デジタル大辞泉の解説

の商人呂不韋(りょふい)に人質になっていた秦の王子子楚(しそ)を助けて、あとでうまく利用しようとしたという「史記呂不韋伝の故事から》珍しい品物は買っておけば、あとで大きな利益をあげる材料になるだろう。得がたい好機を逃さず利用しなければならない意にいう。
[補説]書名別項。→奇貨居くべし
宮城谷昌光の長編歴史小説。秦の宰相となる呂不韋(りょふい)の波乱の生涯を描く。春風篇、火雲篇、黄河篇、飛翔篇、天命篇の全5部を平成9年(1997)から平成13年(2001)にかけて刊行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

史記 呂不韋伝
珍しい品物であるから、今買っておいて後日利益を得るがよい。
得がたい機会だから逃さず利用すべきだ。 しんの相となった呂不韋りよふいがまだ商人だった頃、趙ちようの人質になっていた子楚(始皇帝の父)を見てこれをうまく利用しようとして言った語

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

珍奇なものは、目下の用はなくとも、他日を期して手元に置いておくのがよいとの意。
 中国、戦国時代の秦(しん)の丞相(じょうしょう)(大臣)呂不韋(りょふい)が、若年にして商売に従事していたとき、秦の太子安国君の子の子楚(しそ)が趙(ちょう)の国の人質となり冷遇されているのをみて、子楚を商品に見立てていったことば。『史記』「呂不韋伝」が伝える故事。呂不韋は子楚に近づいて金銭と美姫(びき)を献上し、のち秦に帰って荘襄(しょうじょう)王となった子楚により丞相に取り立てられ、権勢を振るった。後世、これが転じて、「好機逸すべからず」の意にも用いられる。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(秦の相となった呂不韋(りょふい)が若くて商人だった頃、秦の太子安国君の子、子楚が趙に人質となって不自由な生活をしているのを見て、これをうまく利用しようと思って言ったという「史記‐呂不韋伝」の中の言葉、「此奇貨可居」から出た語。珍しい品物だから、今買っておけば後で利益を得る材料となるだろうの意で) 得難い機会だから、のがさずこれを利用しなければならない、好機を逸してはならない、の意にいう。
※柳橋新誌(1874)〈成島柳北〉初「至愚にして鉅富なる、是れ真に奇貨(〈注〉ヨキシロモノ)居く可き者なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android