コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山脇信徳 やまわき しんとく

5件 の用語解説(山脇信徳の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

山脇信徳

洋画家。高知県生。東美校西洋画科卒。第三回文展で褒状を受けた「停車場の朝」は、バーナード・リーチに、モネにも匹敵する作品と激賞され、高村光太郎からも高い評価を得た。日本近代美術史上、自覚的な印象派風の最初の作品として位置づけられている。白馬会展にも出品、のち『白樺』同人となった。春陽会客員・国画創作協会会員としても活動した。戦後は高知県洋画家協会を創立、会長をつとめた。昭和27年(1952)歿、65才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山脇信徳【やまわきしんとく】

洋画家。高知県生れ。1910年東京美術学校卒。在学中第3回文展に出品した《停車場の朝》で認められ,以後文展,院展で受賞。のち,春陽会国画創作協会に出品。1925年―1929年滞欧後は郷里で活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山脇信徳 やまわき-しんとく

1886-1952 明治-昭和時代の洋画家。
明治19年2月11日生まれ。42年文展に印象派風の「停車場の朝」を出品,絶賛される。大正12年春陽会会員。14年渡欧し,昭和4年の帰国後は郷里の高知県にすんだ。国画創作協会会員。昭和27年1月21日死去。65歳。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は信徳(のぶのり)。作品に「雨の夕」「午後の海」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山脇信徳
やまわきのぶのり

[生]1886.2.11. 高知
[没]1952.1.21. 高知
洋画家。 1910年東京美術学校西洋画科卒業。在学中に第1回文展で『町の橋』 (1907) が入選,09年第3回文展で『停車場の朝』が3等賞となり,印象派の明快な画風をもって一躍世に認められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山脇信徳
やまわきしんとく
(1886―1952)

洋画家。高知生まれ。1910年(明治43)東京美術学校西洋画科を卒業。その前年第3回文展で三等賞を受けた『停車場の朝』は、印象主義作風により一躍名をあげる。14年(大正3)文展出品の『午後の雨』は宮内省買上げ。春陽会の会員となり、国画創作協会洋画部に転じて会員となる。25~29年(昭和4)の渡欧後は高知市に隠退し、国画会展に出品を続けた。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山脇信徳の関連キーワード長谷川昇井手宣通片岡銀蔵小林萬吾南薫造田辺至野口駿尾藤彦衛奥田勝吉田苞

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone