コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良原神社 ならはらじんじゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈良原神社
ならはらじんじゃ

愛媛県今治市の楢原山頂にある神社。祭神はイザナギノミコトほか2柱。長慶天皇も合祀されている。社伝では,持統4 (690) 年に小千 (おち) 玉興が葛城山から役小角を迎えて創建したと伝えているが,『奈良原山略縁起』では,大宝1 (701) 年に文徳天皇勅願により僧徳蔵が白山権現をまつったことに始まるとしている。江戸時代以降は牛馬の守護神として信仰を集めた。山頂の境内には平安末期の経塚があり,出土品に銅製宝塔型経筒,檜扇そのほか多数があり,一括して国宝。宝塔型経筒は基壇を失っているがほぼ完存しており,また檜扇は彩絵のある完存したものが1柄ある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の奈良原神社の言及

【玉川[町]】より

…農林業を主とするが,蒼社川の渓流に沿う鈍川(にぶかわ)温泉を中心に今治市背後の観光地として発展した。楢原山一帯には南朝の長慶天皇の遷幸伝説が残り,山頂には同天皇などをまつる奈良原神社がある。同社は江戸中期以降牛馬の守護神としてひろく崇敬され,県内各地に分祀されている。…

※「奈良原神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奈良原神社の関連キーワード愛媛県今治市玉川

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android