コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

契約農業 けいやくのうぎょう

3件 の用語解説(契約農業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

契約農業
けいやくのうぎょう

コントラクト農業とも呼ばれる。一般的には契約によって農業生産を行うことをいうが,今日では商社や農業団体と農民との間で生産販売契約を締結し,それによって生産者が農畜産物を生産することをいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けいやくのうぎょう【契約農業 contract farming】

農畜産物の生産者(農民)と需要者(加工業者を含む)との間に,あらかじめ売買(先買権)を約束(契約)して生産を行う農業。流通取引の一形態であるとともに,インテグレーションintegration(垂直的統合)の基礎形態である。契約農業という場合,(1)取引価格,(2)取引数量と規格,(3)出荷時期,(4)代金決済方法など基本条項を決めて生産を行うのが特色になっている。最も典型的な契約農業の例としては,政府と米作農家との予約販売制や,総合商社や飼料会社とブロイラー養鶏農家との契約飼育などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

契約農業
けいやくのうぎょう
contract farming

農業者が特定の個人あるいは業者との間で一定の契約関係に基づいて農業生産や販売活動を行う形態を総称していう。具体的には、農業者同士の間での契約的な請負耕作や、農家の家族員内部での契約や協定による分担関係(父子契約家族経営協定など)をはじめ、農業者と特定の食品企業や卸・小売業者との間で資材の供給、技術提供、取引条件などで一定の契約を行い、その条件のもとで農業を行う形態がある。しかし、単なる販売上の売買契約だけの場合はこれに含めないで理解するのが普通である。
 契約農業を通常の農業と区別しなければならない理由は、通常の農業が、一般には多数の生産者によって不特定多数の需要を相手に無政府的な生産を行っているのに比べ、契約農業においては、農業者が一方では共同体的な制約から解放されて自由な契約関係にたつことを意味するが、他方では特定のルート・系列のもとでの分業関係に入り込むことを意味するからである。
 契約農業が生ずるのは、食生活が多様化し、食品工業や食品流通業が発展して農畜産物が農業者から最終消費者に至るまでの間にさまざまな加工が施され流通段階を経るようになるにつれ、少量多種の生産販売では対応が困難となり、むしろ特定の分業関係を結ぶことによって大量の生産・販売を特定ルートで行うメリットが生ずるからである。しかし、このことは一面では、特定企業・特定資本によって農業生産が系列化され、農業者は新しい経済関係のなかに組み込まれることを意味する。
 契約農業は第二次世界大戦後、アメリカや西ヨーロッパで盛んに行われるようになった。また、開発途上国においても20世紀末には多国籍企業化したアグリビジネスと現地農民との間にさまざまな契約農業が展開されている。そのおもなものは、ブロイラー飼育や採卵養鶏、肉豚飼育、缶詰生産などの分野であり、販売業者、飼料業者、加工業者などと農業者との間での契約農業である。これはしだいに穀物や果樹、野菜の分野にまで広がっている。わが国においても、第二次世界大戦前から製糸会社と養蚕農家との間で特約関係が結ばれた事例があり、1970年代以降では畜産物や野菜、果樹などの分野で、総合商社や食品会社と農業協同組合や農業者との間で契約関係が結ばれる事例が多くなっている。[臼井 晋]
『竹中久二雄著『契約農業の経済分析』(1967・未来社) ▽吉田忠著『畜産経済の流通構造』(1974・ミネルヴァ書房) ▽臼井晋・宮崎宏編著『現代の農業市場』(1990・ミネルヴァ書房) ▽D・グローバー、K・クスタラー著、中野一新監訳『アグリビジネスと契約農業』(1992・大月書店) ▽中野一新編『アグリビジネス論』(1998・有斐閣) ▽三国英実編著『再編下の食料市場問題』(2000・筑波書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

契約農業の関連キーワード工業自由競争生産者価格派生需要家禽工業農業の交易条件農産物の加工ブランド化している農畜産物家計の生産物需要関数農畜産物生産費調査

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone