(読み)けい(英語表記)Xi; Hsi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


けい
Xi; Hsi

古代,東部内モンゴルのラオハ川流域にいたモンゴル系と思われる遊牧民族。鮮卑の別種といわれる。4世紀末,北魏以来庫幕 (こばく) 奚として史上に出現,隋以来奚と称された。契丹に西接し,関係が深かった。7世紀中頃唐に服属したが,しばしば反乱を起した。安史の乱ののち唐の退勢に乗じ一時勢力を伸ばしたが,9世紀後半以後,強勢になった契丹に服し,一部は唐についた。 10世紀に契丹がを建てると,これに征服吸収された。唐代には5部に分れていたが,遼代には6部に編成,統制された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

奚【けい】

東部モンゴリアに4世紀ごろから遊牧していた鮮卑の一族。旧名,庫莫奚(こばくけい)。8世紀後半から勢力を増したが,10世紀契丹(きったん)のに征服・吸収された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


けい

4世紀ごろから、中国、遼寧(りょうねい/リヤオニン)省のラオハ川流域に遊牧し、シラムレン流域の契丹(きったん)族と隣り合っていたモンゴル系の部族。初めは庫莫奚(こばくけい)とよばれていたが、隋(ずい)以後は奚と略称された。7世紀前半から唐に服属したが、8世紀なかばごろに唐の国力が弱まったのに乗じて勢力を伸ばした。唐代には契丹よりも強勢であったが、10世紀初めに契丹に征服され、その地に奚王府が置かれて支配され、11世紀初めには契丹の遼帝国にまったく吸収された。[菊池俊彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奚の関連情報