女衒(読み)ゼゲン

世界大百科事典 第2版の解説

ぜげん【女衒】

芸娼妓周旋人のこと。遊女の周旋は中世では〈人買い〉がこれを行い,江戸時代には〈人買い〉〈口入れ〉〈桂(慶)庵(けいあん)〉などとよぶ周旋業者がこれを兼ねたが,とくに娼妓を周旋する者を関東では女衒と俗称することがあった。生業上,女の姿形を見ることから〈女見(じよけん)〉といい,それがなまったものというが,確証はない。女衒は遊女屋と特定の関係を結ぶとともに,地方にも連絡網をもち,初めの紹介のほか交換,移譲(鞍替(くらがえ))にも暗躍した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぜげん【女衒】

〔「衒」は売る意〕
江戸時代、女を遊女屋に売るのを商売にした者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

女衒
ぜげん

芸妓(げいぎ)・娼妓(しょうぎ)周旋人の東日本での通称。身売り証文に請人(うけにん)(保証人)として連判したので判人(はんにん)ともいう。「衒」は売るの意で、女衒は、商売上女を見ることから女見(じょけん)の転訛(てんか)したものと考えられるが、確証はない。元禄(げんろく)年間(1688~1704)から使われ始め大正時代に及んだ。職業周旋人のうちでとくに女衒が区別されたのは、特殊な営業感覚を要することのほかに、中世の人買い以来の誘拐、詐欺(さぎ)などの犯罪に結び付きやすく、周旋料のほかに水金(みずきん)(就業までの滞在費など)や鞍替(くらが)え(就業先変更)による仲介料などで不当な利益をあげるのを例としたからである。遊女屋と関係をもつのはもちろん、地方にも手先を置いて組織的に活動した。[原島陽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜ‐げん【女衒】

〘名〙 江戸時代、女を遊女屋、旅籠屋などに売ることを業としたもの。遊女奉公で、遊女屋と女の親元との仲介に当たるが、女を誘拐し売りとばすことなどもあり、悪徳の商売とされた。遊女奉公の証文に印判をおすので、判人(はんにん)ともいう。じょけん。
※随筆・吉原失墜(1674)「女らうをくにぐによりかい出すものあり、ぜげんと云ふ」
※記念碑(1955)〈堀田善衛〉「米軍用の女郎屋の女衒(ゼゲン)みたいなことになりましたよ」
[語誌](1)近世から、主として江戸で用いられた語で、上方では「人置き」といった〔浮世草子・新吉原常々草‐上〕。もとは、「女見(じょけん)」であったと思われる。
(2)「女衒」の表記がなされた背景には、「法華経‐安楽行品」の「衒売女色」(女色を衒売する)が関与しているか。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の女衒の言及

【周旋屋】より

…近世初期以降,都市の発展にともなって出現したもので,とくに江戸に流入する多数の出稼ぎ奉公人に対し,その身元保証,雇入先の斡旋,そして,就職先がきまるまでの宿泊を行う必要があったことから必然的に発生したものと思われる。こうした周旋屋が扱ったのは,おもに武家の下級奉公人である中間(ちゆうげん)や若党(わかとう),一般町家の下男,下女など,1年あるいは半年契約の出替り(でがわり)奉公人であり,芸妓,娼妓などについては,関東で〈女衒(ぜげん)〉と呼んだ専門の周旋人が手がけることが多かった。また,土木工事などに必要な大量労働力の供給は,〈人入れ稼業〉と称して町奴(まちやつこ)が行った。…

※「女衒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女衒の関連情報