コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姉崎 あねがさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

姉崎
あねがさき

姉崎」のページをご覧ください。

姉崎
あねさき

千葉県西部,市原市南西部の工業地区。あねがさきともいう。古くは宿場町で,海岸では貝やノリの浅海養殖が盛んであったが,1960年代頃から海面が埋立てられ,石油精製石油化学火力発電などの大工場が集中する。内陸部には住宅地が造成されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あねさき【姉崎】

千葉県市原市西部の旧町。かつて木更津街道の宿場町。東京湾岸はノリ・貝の養殖地であったが、埋立地に石油・電力などの大工場が進出し、京葉工業地域の一部となる。あねがさき。

あねさき【姉崎】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕姉崎(あねさき)


千葉県市原(いちはら)市北西部の一地区。姉崎町が1963年(昭和38)近隣4町と合併、市原市となる。姉ヶ崎(あねがさき)とも。かつては木更津(きさらづ)街道の宿場町。姉崎海岸の埋め立て地石油精製・化学工場や火力発電所が立地。内陸部には住宅団地が形成されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

姉崎
あねさき

千葉県中西部、東京湾に臨む市原(いちはら)市の一地区。旧姉崎町。駅名は姉ヶ崎(あねがさき)で、一般的な呼称ともなっている。江戸時代木更津(きさらづ)街道の宿場町として発達し、街村形態を示す。東京湾岸では、ノリと貝の浅海漁業が盛んであったが、埋立てで、火力発電所や石油化学工場が集中する臨海コンビナートが形成。近年台地上での宅地開発が著しい。[山村順次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の姉崎の言及

【市原[市]】より

…人口27万7061(1995)。1963年市原,五井,姉崎,市津,三和の5町が合体して市制。67年1町1村を編入して,市原郡全体が市原市となり,県内一広い面積となった。…

※「姉崎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

姉崎の関連キーワードティーレ(Cornelis Petrus Tiele)コルネーリス・ペトリュス ティーレ平井金三郎(1)千葉県市原市姉崎臨海コンビナート東京電力[株]平井 金三郎岸本 能武太京葉工業地域村上 重良市原(市)ファビアン横井 時雄ヴィエイラ矢吹 慶輝姉崎 正治アラン諸島古野 清人市原[市]岸本能武太

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

姉崎の関連情報