世間体(読み)せけんてい

精選版 日本国語大辞典の解説

せけん‐てい【世間体】

〘名〙
① 世間のありさま。世間多数の人々に共通のふるまい方。
※殿暦‐長治二年(1105)二月二日「於北面御所酒遊事、件事先々帝王不然、〈略〉雖然随世間躰、如此所にも可参也」
② 世間の人々に対する体面やみえ。世間に対する体裁。
※俳諧・虎渓の橋(1678か)賦何餠俳諧「うすはに秋の風かかはつた〈松意〉 有馬山霧にへたつも世間躰〈西鶴〉」
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「百個日も経たないのに家を仕舞ふのは余り世間躰(テイ)が善くない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の世間体の言及

【世間】より

…いわば,準拠集団sekaidaihyakka_reference groupとしての性格をも備えている。〈世間を騒がせた〉だけで公職を辞したり,犯罪者の家族が〈世間に申しわけない〉とか〈世間に顔向けができない〉と詫び恥じるのは,世間が行為の是非の判定者として機能するからで,そこから,本人は〈世間体〉を強く意識するにいたる。〈世間〉をおもんぱかり,恥をかかないようにするのである。…

※「世間体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android