婦人参政権獲得期成同盟会(読み)ふじんさんせいけんかくとくきせいどうめいかい

百科事典マイペディアの解説

婦人参政権獲得期成同盟会【ふじんさんせいけんかくとくきせいどうめいかい】

1924年に生まれた婦選運動団体。運動は1920年ころから始まり普通選挙法の議会通過を目前に各種婦人団体が合同,市川房枝久布白落実(くぶしろおちみ)らを中心に婦人参政権獲得期成同盟会が生まれた。1925年に婦選獲得同盟と改称。議会への請願や婦人の教育に努め,政党に対しては中立の立場をとった。1930年ころ最盛期を迎えたが,1940年解散
→関連項目久布白落実

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

婦人参政権獲得期成同盟会
ふじんさんせいけんかくとくきせいどうめいかい

大正・昭和期の女性参政権運動のための組織
女性参政権運動の大同団結のために1924年久布白落実 (くぶしろおちみ) ・市川房枝らにより創立。翌年婦選獲得同盟と改称。'40年に解散。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじんさんせいけんかくとくきせいどうめいかい【婦人参政権獲得期成同盟会】

新婦人協会以来の婦人参政権要求の運動を受け継ぎ,1924年(大正13)12月に結成された婦人団体。25年婦選獲得同盟と改称。久布白落実(くぶしろおちみ),市川房枝を主力に,進歩的知識婦人の多くをまきこみ,40年9月に解散するまで,婦人参政権運動の中心的な団体として活動した。当初は目的を婦人参政権獲得にしぼり,対議会活動を主に運動をすすめ,政党には中立の立場をとった。婦人参政権運動【江刺 昭子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android