コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

婦人参政権獲得期成同盟会 ふじんさんせいけんかくとくきせいどうめいかい

百科事典マイペディアの解説

婦人参政権獲得期成同盟会【ふじんさんせいけんかくとくきせいどうめいかい】

1924年に生まれた婦選運動団体。運動は1920年ころから始まり普通選挙法の議会通過を目前に各種婦人団体が合同,市川房枝久布白落実(くぶしろおちみ)らを中心に婦人参政権獲得期成同盟会が生まれた。
→関連項目久布白落実

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじんさんせいけんかくとくきせいどうめいかい【婦人参政権獲得期成同盟会】

新婦人協会以来の婦人参政権要求の運動を受け継ぎ,1924年(大正13)12月に結成された婦人団体。25年婦選獲得同盟と改称。久布白落実(くぶしろおちみ),市川房枝を主力に,進歩的知識婦人の多くをまきこみ,40年9月に解散するまで,婦人参政権運動の中心的な団体として活動した。当初は目的を婦人参政権獲得にしぼり,対議会活動を主に運動をすすめ,政党には中立の立場をとった。婦人参政権運動【江刺 昭子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

婦人参政権獲得期成同盟会の関連キーワード矢島 楫子山高しげり女性参政権河崎なつ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android