コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子別れ コワカレ

4件 の用語解説(子別れの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こ‐わかれ【子別れ】

親が子と生き別れになること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

子別れ

古典落語の演目のひとつ。全体を三分し、一番目を「こわめしの女郎買」もしくは「おこわ」、三番目を「子は鎹」ともいう。「女の子別れ」「子宝」「逢戻り」とも。四代目三遊亭圓馬が得意とした。オチはとたんオチ。主な登場人物は、親子。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こわかれ【子別れ】

落語。初代春風亭柳枝(一説に春錦亭柳桜)作という。大工熊五郎は酒と女にだらしないので,愛想を尽かした女房は子どもの亀吉をつれて家を出た。改心した熊五郎はまじめに働きだし,ある日,愛児亀吉と会ったのでこづかいをやる。母は亀吉が盗んだ金と思い,正直に言わぬと金槌で打つと責めるので,亀吉は父に会った事実を話し,それがきっかけで夫婦和解になる。子どもは夫婦のかすがいだと聞いた亀吉は,〈だから,おっかさんが,あたいの頭を金槌でぶとうとしたんだ〉。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

子別れ
こわかれ

落語。上、中、下に分かれた大作で、幕末の名手初代春風亭柳枝(しゅんぷうていりゅうし)の作といわれる。上に『強飯(こわめし)の女郎(じょうろ)買い』、下に『子は鎹(かすがい)』の独立演題がある(中の巻にはない)。大工の熊五郎が葬式(とむらい)酒に酔い、葬式で出された「おこわ」を持って、屑屋(くずや)の長公と吉原で遊んでしまう(上)。朝帰りをした熊五郎が、女郎との仲を話したため、女房は子供の亀吉を連れて家を出てしまい、熊五郎は女郎を家に入れるが、結局は別れる(中)。後悔した熊五郎は気を入れて働き、3年たつ。ある日亀吉に会い、母親に内緒で小遣いの金をやる。その金を母親に見とがめられ、玄翁(げんのう)(木槌(きづち))でぶたれそうになった亀吉が白状し、翌日、3人は再会して元の鞘(さや)に収まる(下)。サゲは「お前さんと元のようになれるのも、この子があればこそ。ほんとうに子供は夫婦の鎹ですね」「はは、道理できのう玄翁で頭をぶつといった」。のち三遊亭円朝が、女房が子供を残して出て行くように改作、これを2代目三遊亭円馬が大阪に伝えたため、上方(かみがた)落語にはこの別名『女の子別れ』が今日まで残されている。[関山和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の子別れの言及

【育児】より

…この場合,幼獣は群れの中心におかれ保護される。しかし,子どもがいつまでも親といっしょにいてはつごうの悪い場合,たとえば,一応の生活が可能になったキタキツネの子別れのように,子どもを親の周囲から追い払う場合もある。サイも次の繁殖期に入ると子どもをつきとばして接近させなくなる。…

※「子別れ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

子別れの関連キーワード春風亭柳橋春風亭柳枝(初代)春風亭柳枝(2代)春風亭柳枝(3代)春風亭柳枝(4代)春風亭柳枝(6代)春風亭柳枝(7代)春風亭柳枝(8代)春錦亭柳桜

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

子別れの関連情報