コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮破裂 しきゅうはれつUterine Rupture

家庭医学館の解説

しきゅうはれつ【子宮破裂 Uterine Rupture】

[どんな病気か]
 分娩(ぶんべん)のとき、まれに子宮壁の弱いところが裂けてしまうことがありますが、これを子宮破裂といいます。ひどいときには、裂けた部位から胎児(たいじ)が母親の腹腔内(ふくくうない)に押しだされてしまいます。その結果、胎児は死亡し、母体も子宮の傷からの大量の出血によってショック状態におちいります。産科の救急処置が必要となる重要な病気の1つです。
[原因]
 子宮の壁は筋肉でできていますが、陣痛(じんつう)が強すぎたり、胎児が大きすぎるとき、胎児の位置が異常なために分娩が進まないときなどに、子宮壁が裂けることがおこります。
 また、かつて帝王切開(ていおうせっかい)や子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)の手術などを受けて、子宮に瘢痕(はんこん)(ひきつれ)ができていると、それが原因で裂けることもあります。
[治療]
 子宮破裂の危険があると予測できるときは、陣痛が始まる前に帝王切開を行なうのが原則です。
 事前に診断し、妊娠中から分娩まで十分な管理と適切な処置を行なえば、子宮破裂は予防することができますし、過去に子宮の手術を受けたことがある人でも、その傷の深さや治り方によっては、正常な分娩ができることもあります。
 子宮破裂がおこりそうになっている状態を切迫子宮破裂(せっぱくしきゅうはれつ)といいますが、その部位を押すと強い痛みがみられます。この場合、陣痛を弱くする処置をしたり、早めに帝王切開を行ないます。
 子宮破裂をおこした場合、陣痛が止まり、一時的に楽になることもありますが、診断がつきしだい、緊急の開腹手術が必要となります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

百科事典マイペディアの解説

子宮破裂【しきゅうはれつ】

妊娠子宮の裂傷。全破裂(筋層,腹膜)と不全破裂(筋層のみ)がある。原因は,子宮発育異常,狭骨盤,胎位異常,巨大児,けいれん陣痛など内因性の場合と,拙劣な鉗子(かんし)手術などの外因性の場合とがある。
→関連項目狭骨盤出産

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しきゅうはれつ【子宮破裂 rupture of the uterus】

異常分娩の一つ。分娩中に子宮壁に裂傷が生じ,子宮内腔と腹腔とがつながり,胎児が腹腔内にとび出す状態となったものをいう。ふつうは分娩に際して胎児が容易に生まれない難産に陥った場合に,強い陣痛(子宮収縮)によって子宮壁が破裂することによって起こるが,そのほかに,やはり難産で,胎児が娩出する際に子宮口が裂けて,いわゆる頸管裂傷というのができて,この裂傷が上方に延長して子宮体部にまで及んだものも一種の子宮破裂である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

子宮破裂の関連キーワード妊娠中の注意すべき症状と対策分娩損傷と対策産科ショック特殊な分娩分娩時損傷陣痛促進剤分娩後出血分娩損傷過強陣痛横位

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子宮破裂の関連情報