学習制御(読み)がくしゅうせいぎょ(英語表記)learning control

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「学習制御」の解説

学習制御
がくしゅうせいぎょ
learning control

電気電子工学の用語学習機能をそなえた制御方式をいう。制御装置あるいは制御システムそのものが,制御方策とその実行結果の関係を記憶し,それに基づいて制御方策を改善していくシステムで,制御対象の特性周囲の環境条件を完全に把握できず,適切な制御の方策をあらかじめ設計することができないとき用いられる。学習機能をもつ場合には過去に経験した状況あるいはそれに近い状況にただちに適応できるばかりでなく,経験しなかった新しい状況にも徐々に適応できる能力をもつ。その意味で,適応制御よりもさらに高度の制御方式である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「学習制御」の解説

がくしゅうせいぎょ【学習制御 learning control】

人間は学習能力をもっており,ある作業を何度も実行しているとしだいにその作業に上達してくる。機械の場合にも,人間の場合と同様に,なんらかの学習能力をもつものが作れれば便利であり,種々の分野で研究が行われている。その機械がとくに制御装置であり,作業内容が制御である場合を学習制御と呼んでいる。 学習の具体的な内容については制御工学の分野においても明確な定義がなく,広義に解釈すれば,制御能力をしだいに向上させていくなんらかの機能が組み込まれていればすべて学習制御であると考えることもできる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android