コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

轟貝塚 とどろきかいづか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

轟貝塚
とどろきかいづか

熊本県宇土市宮庄町にある縄文時代貝塚。縄文早期の押型文土器から曾畑式,轟式,中期の阿高式を経て後期,晩期までの土器を出す遺跡。大正年間に鈴木文太郎浜田耕作清野謙次長谷部言人らが多数の人骨を発掘した。貝層は上のほうにかきが多く,下のほうには灰貝の多いところがあり,中期の土器と前期の土器が層位的に差をもって出土している。土器は貝殻条痕文が施されている前期の轟式土器を主体とする。石器としては石鏃石匕石斧石錐石錘がみられ,サヌカイト (讃岐岩) 製が多い。牙製の垂飾,貝輪も出土。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とどろきかいづか【轟貝塚】

熊本県宇土市宮庄町にある縄文時代の貝塚。宇土半島基部の低台地端にある。1919年以来66年まで4次にわたって調査が行われた。貝塚は,マガキハイガイ,アサリを主体とする内湾性貝塚であり,狭い低地を隔てた対岸の西岡台地区にも一連の貝塚があり,中期~後期の貝層が検出されている。出土土器は,古くから轟式土器として縄文時代前期に位置づけられていたが,松本雅明によって轟A式・B式(早期末~前期初頭),轟C式・D式(前期後半)の4型式に分類された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

轟貝塚
とどろきかいづか

熊本県宇土(うと)市宮庄(みやのしょう)(旧轟村)にある貝塚。縄文文化早期から晩期まで若干地域を異にし断続して形成された大貝塚。1917年(大正6)鈴木文太郎が古人骨を発掘して以後、19年には浜田耕作、清野謙次(きよのけんじ)が発掘調査し18体の人骨を、続いて20年には長谷部言人(はせべことんど)が約20体の人骨を発掘した。これらの人骨は、鳥居龍蔵(りゅうぞう)、小金井良精(こがねいよしきよ)らの縄文文化人アイヌ説に対する形質人類学的な批判が出されるための基礎的資料となった。66年(昭和41)慶応義塾大学が中心となり大規模な発掘調査を実施し、イモガイとアマオブネガイ製の首飾りをつけた縄文早期末の女性人骨などを発掘した。[江坂輝彌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

轟貝塚の関連キーワード熊本県宇土市宮庄町宇土[市]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android