コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安全標識 あんぜんひょうしき safety sign

3件 の用語解説(安全標識の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安全標識
あんぜんひょうしき
safety sign

工場,鉱山,建設作業場その他で,安全の確保をはかる目的で表示する標識。特定の色彩と形状および文字または記号により,防火,禁止,危険,注意,救護,用心,放射能,方向,指導などを表示する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あんぜん‐ひょうしき〔‐ヘウシキ〕【安全標識】

事業場や車両・船舶などで、安全を確保するために用いる標識。色・形・文字によって表され、色では、防火と禁止は赤と白、危険は黄赤と黒、注意は黄と黒、救護は緑と白、放射能は赤紫と黄など9種類がJISで定められている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安全標識
あんぜんひょうしき

工場・鉱山などの事業場、車両、船舶などにおいて、安全性確保のために用いられる各種の標識。危険物の存在の表示、危険区域の指定、注意の喚起などを行い、事故を未然に防止するために用いられる。しかし、あくまでも災害防止対策の補助手段にすぎない。安全標識は、人目についてだれにでもわかりやすく、しかも全国共通なものであることが肝要であることから、その色と形が工業標準化法(昭和24年法律185号)に基づくJIS(ジス)(日本工業規格)によって定められている。色は人目につく安全色彩が採用され、9種類の安全標識がある。(1)防火標識と(2)禁止標識は赤と白、(3)危険標識は黄赤と黒、(4)注意標識は黄と黒、(5)救護標識は緑と白、(6)用心標識は青と白、(7)放射能標識は赤紫と黄、(8)方向標識は白または黒の矢印で描き、地色の種類によって意味を変え、(9)指導標識は緑と白の組合せで示し、それぞれ定められた図形につくられる。[佐藤英善]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安全標識の関連キーワード当て逃げセーフティーゾーン電気用品安全法ASDEセルフビレイビレーヤー消費者安全法全頭検査保安監査確保者

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安全標識の関連情報