安全色彩(読み)あんぜんしきさい(英語表記)safety color

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安全色彩
あんぜんしきさい
safety color

危険箇所や避難経路などの安全性を、だれもが遠くからひと目でわかるように示す色。日本工業規格(JIS)によって規定される。安全色ともいわれる。赤、黄赤、黄、緑、青、赤紫の6色に、対比補助色として白、黒を加えた8色がある。危険防止や緊急事態への対応を迅速・正確に識別・行動してもらう目的で、1951年(昭和26)にJISの鉱山保安警標として導入され、1953年にJISの安全色彩使用通則として制定された。安全色彩は火気厳禁、足元注意、非常口、消火栓など公共の場での案内板や道路の交通標識などに広く使われている。赤には「防火」「禁止」「停止」「高度の危険」、黄赤には「危険」「航海・航空の保安施設」、黄には「注意」、緑には「安全」「避難」「衛生」「救護」「進行」、青には「指示」「用心」、赤紫には「放射能」、白には「通路」「整頓」の意味があり、黒は文字、記号、矢印などに使用するほか、黄赤や黄、白を引き立てる補助色としても使用する。安全色彩は色相、明度、彩度の色の3属性を定量的に表すマンセル値(Munsell color system)によって定められている。

 2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会を控え、2018年に安全色彩が13年ぶりに改正され、色覚に障害がある人を含めてだれもが識別しやすい「ユニバーサルデザインカラー」とされた。従来の安全色彩に対し、弱視、色覚障害、白内障など一部の人から「赤が暗くて黒と紛らわしい」「青と緑の区別がつきにくい」といった問題点が指摘されていたため、赤、黄赤、緑には黄みを加え、黄は赤みを抜いて明度を上げ、青も明度を上げ、赤紫には青みを加えた。同時に、蛍光にする場合のほか、パソコン画面、プリンター出力時などの色彩の推奨値も初めて定めた。

[矢野 武 2018年12月13日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安全色彩
あんぜんしきさい
safety colour

安全上必要な個所を識別しやすくするために使用する色彩災害防止および救急体制のため施設または該当個所の表示に使用する。色彩と表示事項の関係は次のとおりである。──防火,停止,禁止高度の危険。赤──危険,航空・船舶の保安施設。黄──注意。緑──安全,衛生,進行。青──用心。赤紫──放射能。白──通路整頓。黒──標識警標などの文字,記号矢印の色に用いるほか,黄赤,黄などを引立たせる補助色。なお,色彩とは物体の表面色であり,光源の色または着色ガラスなどによる透過光を安全のために使用するときは,安全色光 (赤,黄,緑,青紫,白) という言葉を使用する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あんぜん‐しきさい【安全色彩】

〘名〙 災害や事故の防止、救急体制などで、目だたせるために使用する色彩。赤は防火・要注意・禁止を表示するなど、色の指定がなされている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の安全色彩の言及

【色彩調節】より


[色彩調節の手法]
 色彩調節はその目的から,(1)作業環境の安全確保や能率の向上,(2)目の健康の維持,(3)快適性の付与の三つに分けられる。 (1)のための手法としてはゾーニング,安全色彩,識別色等が代表的なものである。地域や建物をその用途や機能によって区分することをゾーニングといい,区分された各ゾーンについては,それぞれの中で,さらに用途や機能の似た室をひとまとめにする(グルーピングという)。…

※「安全色彩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android