コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安富[町] やすとみ

百科事典マイペディアの解説

安富[町]【やすとみ】

兵庫県中西部,宍粟(しそう)郡の旧町。揖保(いぼ)川の支流林田川の上流域を占める。古くから植林されたスギ林が多く林業を行う。米,麦,大豆花卉(かき)も産する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やすとみ【安富[町]】

兵庫県中西部,宍粟(しそう)郡の町。1956年安師(あなし)村と富栖(とみす)村が合体,町制。人口5567(1995)。揖保(いぼ)川の支流林田川の上流域を占め,南は姫路市に隣接する。《播磨国風土記》にみえる〈安師の里〉の地にあてられる。山林が町域の大部分を占め,山林の多くは私有林で人工林率も高く,〈富栖杉〉の産地として知られる。農耕地が狭く,播磨臨海工業地域に近いこともあって,兼業農家が大半である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

安富[町]の関連キーワード甌穴

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android