コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安島帯刀 あじまたてわき

4件 の用語解説(安島帯刀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安島帯刀
あじまたてわき

[生]文化9(1812).水戸
[没]安政6(1859).8.27. 江戸
幕末期の水戸藩士。藩主徳川斉昭の擁立に尽力。同藩勘定奉行,大番頭となり,水戸の尊王攘夷運動に指導的役割を果したが,安政の大獄で処罰され,切腹。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安島帯刀 あじま-たてわき

1812-1859 江戸時代後期の武士。
文化9年生まれ。戸田忠敞(ただたか)の弟。常陸(ひたち)水戸藩士。徳川斉昭(なりあき)の水戸藩主擁立につとめ,側(そば)用人,家老を歴任。将軍継嗣では一橋慶喜(よしのぶ)擁立を画策し,攘夷(じょうい)の密勅が水戸藩にくだると,その責任者として安政の大獄で幕府に捕らえられ,安政6年8月27日切腹。48歳。本姓は戸田。名は忠誨,のち信立。字(あざな)は恩誠。通称ははじめ弥次郎。号は峨興。著作に「志の飛音」。
【格言など】玉の緒の絶ゆともよしや我が君のかげの守りとならんと思へば(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

安島帯刀

没年:安政6.8.27(1859.9.23)
生年:文化9(1812)
安政の大獄で刑死した水戸藩家老。諱は忠誨,のちに信立。弥次郎,帯刀と称し峨興と号す。常陸国(茨城県)の生まれ,水戸藩士戸田忠之と安島信可の娘の子,同藩士安島信順の養子。戸田忠敞の弟。天保7(1836)年,家督を継ぎ同11年勘定奉行,続いて小姓頭取として藩主徳川斉昭に近侍,高150石,足高50石。天保7年には山陵修復を建議,弘化1(1844)年徳川斉昭が隠居謹慎に処分されるにおよんで処罰解除運動に参加,役禄召し上げ揚屋入り謹慎に処せられた。斉昭の藩政復帰により嘉永2(1849)年4月に自宅蟄居に減じられ同11月に処分を解かれ小普請組,5年以降小納戸役。兄の家老戸田忠敞の死後,安政3(1856)年側用人,同5年7月家老となった。この間,斉昭の藩政改革,幕政参与に関与し斉昭の7男一橋慶喜の将軍継嗣擁立に参加。安政の大獄で切腹。出頭を前に自画像を描いて家人に遺したという。著書に徳川斉昭の事績を書いた国文体の『しのび音』がある。

(吉田昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あじまたてわき【安島帯刀】

1812‐59(文化9‐安政6)
江戸後期の水戸藩士。諱(いみな)は信立,通称は弥次郎,峨興と号した。1840年(天保11)勘定奉行,ついで小姓頭取。いったん藩主徳川斉昭の雪冤(せつえん)運動に加わり役禄を奪われたが,のち再び登用されて側用人,58年(安政5)家老に昇進。一橋慶喜を将軍に立てるため福井藩士中根雪江らと画策,同年戊午(ぼご)の密勅事件が起こると幕府の嫌疑を受けて安政の大獄に連座,翌年切腹を命じられた。【鈴木 暎一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

安島帯刀の関連キーワード関鉄之介鵜飼吉左衛門大獄鮎沢伊太夫鵜飼幸吉岡田徳至勝野正道日下部伊三次日下部裕之進茅根伊予之介

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone