コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安東次男 あんどうつぐお

4件 の用語解説(安東次男の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安東次男
あんどうつぐお

[生]1919.7.7. 岡山,津山
[没]2002.4.9. 東京,大田
詩人,評論家。旧制第三高等学校を経て東京帝国大学経済学部を卒業。学生時代から加藤楸邨に師事して俳句を学ぶ。1950年『六月のみどりの夜わ』,1951年『蘭』の 2冊の詩集を刊行,思想的にも技法的にも前衛的な詩風により,第2次世界大戦後詩人としての地位を確立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安東次男 あんどう-つぐお

1919-2002 昭和-平成時代の俳人,詩人,評論家。
大正8年7月7日生まれ。加藤楸邨(しゅうそん)に俳句をまなび,昭和21年金子兜太(とうた)らと句誌「風」を創刊。24年秋山清らの詩誌「コスモス」に参加,25年「六月のみどりの夜は」,26年「蘭」を発表,戦後詩人としてみとめられる。38年「澱河歌(でんがか)の周辺」で読売文学賞。平成3年「風狂余韻」で芸術選奨。著作はほかに「芭蕉七部集評釈」など。41-57年東京外大教授。平成14年4月9日死去。82歳。岡山県出身。東京帝大卒。俳号は流火。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

あんどうつぐお【安東次男】

1919~2002) 詩人・評論家。岡山県生まれ。東大卒。加藤楸邨に俳句を学び、戦後は詩に転じる。軽みのある超現実的な詩風で、俳諧などに独自な鑑賞眼を発揮した。作品「蘭」「殿河歌の周辺」「芭蕉七部集評釈」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安東次男
あんどうつぐお
(1919―2002)

詩人、評論家。岡山県に生まれる。東京帝国大学経済学部卒業。在学中、加藤楸邨(しゅうそん)に俳句を学ぶ。1946年(昭和21)沢木欣一(きんいち)らと句誌『風』を創刊したが、1949年詩誌『コスモス』に参加、詩集『六月のみどりの夜わ』(1950)、『蘭(らん)』(1951)に鋭い政治意識と前衛的な詩法とを融合させた。ほかに駒井哲郎(こまいてつろう)との詩画集『CALENDRIER』(1960)などがある。以後、評論に力点を移し、『幻視者の文学』(1960)、『澱河歌(でんがか)の周辺』(1962。読売文学賞受賞)、『芭蕉(ばしょう)七部集評釈』(1973)などを刊行した。1966~1982年東京外国語大学教授。連句、俳句に関しては『連句入門』(1981)、大岡信(まこと)と共編の『現代俳句』(1990)、『連句の読み方』(2000)などがある。[飛高隆夫]
『『安東次男詩集』(1970・思潮社) ▽『安東次男著作集』全8巻(1975~1977・青土社) ▽『鑑賞日本現代文学33 現代俳句』(1990・角川書店) ▽『連句の読み方』(2000・思潮社) ▽『連句入門』(講談社学術文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安東次男の関連キーワード鷹羽狩行岡田日郎佐藤鬼房沢木欣一鈴木鷹夫成瀬桜桃子原子公平村沢夏風山田みづえ西村和子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安東次男の関連情報