宏池会(読み)こうちかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「宏池会」の解説

宏池会
こうちかい

自由民主党派閥。1957年池田勇人を中心に結成された。自由民主党の派閥で最も古い吉田茂系譜を継ぐ保守本流グループとして,官僚出身者(→官僚派)を多く集め,池田,大平正芳鈴木善幸宮沢喜一の 4人の内閣総理大臣が輩出した。しかし 1993年に宮沢首相を辞任したあとは政権中枢から離れた。2012年岸田文雄が会長となった。政策的には党内においてリベラルと位置づけられ,憲法改正には慎重である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「宏池会」の解説

こうち‐かい〔クワウチクワイ〕【宏池会】

自由民主党の派閥の一。昭和32年(1957)に吉田派だった池田勇人が、ライバルの佐藤栄作を分かって旗揚げ。当初は官僚出身者が多かった。以降、平成12年(2000)から8年間の分裂期があったが再統合した。
[補説]宏池会の系譜:(吉田派から)→池田派前尾派大平派鈴木派宮沢派加藤派→(堀内派が分裂)→小里派谷垣派→(堀内派を継いだ古賀派に合流・再統合)→岸田派

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android