コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗徧流 ソウヘンリュウ

世界大百科事典 第2版の解説

そうへんりゅう【宗徧流】

山田宗徧(1627‐1708)を流祖とする茶道の流儀の一つ。山田宗徧は東本願寺の末寺である,京都二本松の長徳寺明覚の子として生まれ,周学と称していた。16歳で小堀遠州より印可をうけ,そののち千宗旦の門をたたいて還俗し,宗旦四天王の随一として四方庵,不審庵などの号を与えられ,利休流侘草庵茶の皆伝をうける。1655年(明暦1)宗旦の推挙で三河国吉田城主小笠原忠知に茶道をもって仕官し,三十数年間を同地ですごしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そうへんりゅう【宗徧流】

江戸初期に成立した茶道の流派。千宗旦せんそうたんの門人山田宗徧を祖とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


そうへんりゅう

江戸初期、山田宗を開祖とする茶道流派。宗旦(そうたん)四天王の一人である宗は、師千宗旦の推挙により、三河(みかわ)吉田城主(愛知県豊橋(とよはし)市)小笠原忠知(おがさわらただとも)の茶頭(さどう)となり、100石を知行。以後、長矩(ながのり)、長祐(ながすけ)、長重(ながしげ)の4代に歴仕し、1697年(元禄10)71歳で致仕(ちし)。晩年は江戸に下り、本所二丁目に居を構え、利休正風の茶法を称して幅広い階層から多くの弟子を集めた。しかし利休・宗旦の禅に徹した隠者的茶風に比して、宗の茶風は、その経歴にもよろうが、武家的色彩が比較的濃く反映されている。また仕えた大名が礼法の祖として名高い小笠原貞宗(さだむね)の流れをくむ家柄であり、代々儀式典礼に明るかったことも、宗の茶に影響していよう。[筒井紘一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

宗徧流の関連キーワード山田宗徧(3)山田宗徧(2)山田宗徧(1)山田宗円(2)山田 宗徧山田 宗有川井 穿波岡村宗恕山田宗有菅沼定志郷 純造鳥居宗逸生駒宗健山田宗引水谷義閑

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android