コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗徧流 ソウヘンリュウ

4件 の用語解説(宗徧流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そうへん‐りゅう〔‐リウ〕【宗×徧流】

茶道の流派の一。千宗旦の門弟山田宗徧を開祖とする。宗旦流に武家風の力強さが加味されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

そうへんりゅう【宗徧流】

山田宗徧(1627‐1708)を流祖とする茶道の流儀の一つ。山田宗徧は東本願寺の末寺である,京都二本松の長徳寺明覚の子として生まれ,周学と称していた。16歳で小堀遠州より印可をうけ,そののち千宗旦の門をたたいて還俗し,宗旦四天王の随一として四方庵,不審庵などの号を与えられ,利休流侘草庵茶の皆伝をうける。1655年(明暦1)宗旦の推挙で三河国吉田城主小笠原忠知に茶道をもって仕官し,三十数年間を同地ですごしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そうへんりゅう【宗徧流】

江戸初期に成立した茶道の流派。千宗旦せんそうたんの門人山田宗徧を祖とする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


そうへんりゅう

江戸初期、山田宗を開祖とする茶道流派。宗旦(そうたん)四天王の一人である宗は、師千宗旦の推挙により、三河(みかわ)吉田城主(愛知県豊橋(とよはし)市)小笠原忠知(おがさわらただとも)の茶頭(さどう)となり、100石を知行。以後、長矩(ながのり)、長祐(ながすけ)、長重(ながしげ)の4代に歴仕し、1697年(元禄10)71歳で致仕(ちし)。晩年は江戸に下り、本所二丁目に居を構え、利休正風の茶法を称して幅広い階層から多くの弟子を集めた。しかし利休・宗旦の禅に徹した隠者的茶風に比して、宗の茶風は、その経歴にもよろうが、武家的色彩が比較的濃く反映されている。また仕えた大名が礼法の祖として名高い小笠原貞宗(さだむね)の流れをくむ家柄であり、代々儀式典礼に明るかったことも、宗の茶に影響していよう。[筒井紘一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宗徧流の関連キーワード山田宗也相良宗因山田宗引山田宗学山田宗寿山田宗俊山田宗有山田宗徧(1)山田宗徧(2)山田宗徧(3)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone