コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不便/不憫/不愍 フビン

デジタル大辞泉の解説

ふ‐びん【不便/不×憫/不×愍】

[名・形動]《「不憫」「不愍」は当て字》
(不憫・不愍)かわいそうなこと。あわれむべきこと。また、そのさま。「―な子」
都合が悪いこと。また、そのさま。
「この大臣のし給ふ事なれば、―なりと見れど」〈大鏡・時平〉
かわいがること。また、そのさま。
「一芸あるものをば下部までも召しおきて、―にせさせ給ひければ」〈徒然・二二六〉
[派生]ふびんがる[動ラ五]ふびんさ[名]

ふ‐べん【不便】

[名・形動]便利でないこと。都合の悪いこと。また、そのさま。「狭くて不便な家」「通勤に不便な土地」
[派生]ふべんさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふべん【不便】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
便利でないこと。勝手が悪いこと。また、そのさま。 ↔ 便利 「交通の-な地」 「出入りに-だ」 「ご-をおかけします」
都合のつかない・こと(さま)。 「いと-なる事のありて約束の日まではさらなり/竜動鬼談
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報