コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宜賓 ぎひん

3件 の用語解説(宜賓の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

宜賓【ぎひん】

中国,四川省南部の商業都市。長江水運の終点。雲南省北部とも連絡し,古来辺境防衛の要地とされた。穀物,薬材,タバコ,毛皮などを集散。銘酒五糧液を特産。近時製紙工場などが建設された。
→関連項目金沙江

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎひん【宜賓 Yí bīn】

中国,四川省南部の市,宜賓地区の主都。人口70万(1994)。岷江(びんこう)と長江(揚子江)の合流地点にある。ここから湖北省宜昌までの長江をとくに川江とよび,古来,航運の重要な起点。前3世紀西南夷の僰侯(ほくこう)国の地であったが,漢の武帝によって僰道県がおかれた。11世紀宋代に宜賓に改められ,発展した。宜賓は本来義賓で正道をしたう意をもつが,太宗の初名である匡義の名をさけたものとされる。1951年県の中心部が市に昇格。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宜賓
ぎひん / イーピン

中国、四川(しせん/スーチョワン)省南部の市。金沙江(きんさこう/チンシャーチヤン)と岷江(びんこう/ミンチヤン)の合流点にあり、ここから下流を長江(ちょうこう/チャンチヤン)(揚子江(ようすこう/ヤンツーチヤン))とよぶ。古くから四川盆地南西部の交通と軍事の要地で、雲南(うんなん/ユンナン)省の林産物や薬草、周辺地域の農産物の集散地であった。今日も揚子江や岷江の水運、雲南省方面への鉄道・自動車などの交通の中心地である。また、中国でも有数の製紙工場をはじめ、機械、醸造などの工業もみられる。なお、チョウザメの養殖が揚子江で行われている。[小野菊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宜賓の関連情報