宮原[町](読み)みやはら

百科事典マイペディアの解説

宮原[町]【みやはら】

熊本県中部,八代(やつしろ)郡の旧町。八代平野西部,氷川の下流左岸を占める。国道3号線に沿う主集落は五家荘(ごかのしょう)などを後背地として発達した谷口集落で,江戸時代に薩摩街道の宿場町として栄えた。米のほか,ミカン,ザボンの果樹,花卉(かき)とくにバラの栽培が盛ん。東端に鍾乳洞のある立神(たてがみ)峡がある。付近は古代から開け,古墳が多い。2005年10月,八代郡竜北町と合併し町制,八代郡氷川町となる。9.89km2。5138人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みやはら【宮原[町]】

熊本県中部,八代郡の町。南西部は八代市に隣接する。人口5258(1995)。東部は九州山地西端に位置する山地,丘陵で,西部は八代平野の一角を占め,国道3号線が山寄りを南北に走り,さらに,その東側を九州縦貫自動車道が通る。古墳が多く,熊本県では最も早くから開けた地と推定されている。中心集落の宮原は氷川左岸の谷口集落で,江戸時代には薩摩街道の宿場町,三神宮の門前町として栄えた。東部の五家荘など山間地への交通の要地でもあり,商業が発達している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android