コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜北 りゅうほく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竜北
りゅうほく

熊本県中部,氷川町北部の旧町域。八代平野北部にある。 1954年和鹿島村,吉野村,野津村の3村が合体して竜北村となり,1974年町制。 2005年宮原町と合体して氷川町となる。沖積地が広く,米,ナシ,イチゴなどの栽培が盛ん。イグサの産地として知られ,畳表を特産する。もち米の生産量も全国有数。八代海に臨む地先の干拓地では大型機械農業が行なわれる。南部の野津古墳群は国の史跡に指定されている。一部は五木五家荘県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

竜北

熊本県八代郡氷川町にある道の駅。国道3号に沿う。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竜北
りゅうほく

熊本県中部、八代(やつしろ)郡にあった旧町名(竜北町(まち))。現在は氷川(ひかわ)町の北部を占める。旧竜北町は1974年(昭和49)町制施行。2005年(平成17)宮原(みやはら)町と合併、氷川町となる。JR鹿児島本線、国道3号が通じる。旧町域は全域、氷(ひ)川ならびに砂(すな)川の複合三角州と干拓地からなる水田地帯である。とくに、1967年に完成した最西端の不知火(しらぬい)干拓地には大型機械の駆使が可能な大圃場(ほじょう)が数多くみられる。主業は稲作とイグサ栽培を中心にした農業であるが、葉タバコ、ハウスイチゴなどの栽培も盛んである。また、丘陵地ではナシ、ミカン、ブドウの栽培も行われ、一部では観光農園化している。丘陵地一帯には西平(にしびら)、大野の両貝塚のほか、野津(のづ)古墳群(国指定史跡)に含まれる姫ノ城(ひめのじょう)、物見櫓(ものみやぐら)、端ノ城(はしのじょう)などの古墳がある。[山口守人]
『『竜北町誌』(1973・竜北町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

竜北の関連キーワード熊本県八代郡氷川町大野熊本県八代郡氷川町氷川(町)氷川[町]蘆溝橋

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android