コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜北 りゅうほく

3件 の用語解説(竜北の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竜北
りゅうほく

熊本県中部,氷川町北部の旧町域。八代平野北部にある。 1954年和鹿島村,吉野村,野津村の3村が合体して竜北村となり,1974年町制。 2005年宮原町と合体して氷川町となる。沖積地が広く,米,ナシ,イチゴなどの栽培が盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竜北
りゅうほく

熊本県中部、八代(やつしろ)郡にあった旧町名(竜北町(まち))。現在は氷川(ひかわ)町の北部を占める。旧竜北町は1974年(昭和49)町制施行。2005年(平成17)宮原(みやはら)町と合併、氷川町となる。JR鹿児島本線、国道3号が通じる。旧町域は全域、氷(ひ)川ならびに砂(すな)川の複合三角州と干拓地からなる水田地帯である。とくに、1967年に完成した最西端の不知火(しらぬい)干拓地には大型機械の駆使が可能な大圃場(ほじょう)が数多くみられる。主業は稲作とイグサ栽培を中心にした農業であるが、葉タバコ、ハウスイチゴなどの栽培も盛んである。また、丘陵地ではナシ、ミカン、ブドウの栽培も行われ、一部では観光農園化している。丘陵地一帯には西平(にしびら)、大野の両貝塚のほか、野津(のづ)古墳群(国指定史跡)に含まれる姫ノ城(ひめのじょう)、物見櫓(ものみやぐら)、端ノ城(はしのじょう)などの古墳がある。[山口守人]
『『竜北町誌』(1973・竜北町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竜北の関連キーワード熊本県八代郡氷川町網道熊本県八代郡氷川町今熊本県八代郡氷川町大野熊本県八代郡氷川町栫熊本県八代郡氷川町鹿野熊本県八代郡氷川町河原熊本県八代郡氷川町中島熊本県八代郡氷川町野津熊本県八代郡氷川町宮原熊本県八代郡

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竜北の関連情報