コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮島達男 みやじまたつお

2件 の用語解説(宮島達男の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

宮島達男【みやじまたつお】

美術家。東京生れ。東京芸大卒。1988年ベネチアビエンナーレ・アペルトに出品。1992年いわき市立美術館,1993年クンストハーレ・チューリヒで個展。初期にはパフォーマンスジャンク・アートを手がけたが,1987年より始めたICと発光ダイオード組合せによるデジタルカウンターを配置したインスタレーションによって,一躍注目された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮島達男
みやじまたつお
(1957― )

現代美術家。東京都生まれ。1979年(昭和54)東京芸術大学美術学部卒業。1981年同大学院修士課程絵画専攻修了。ジョット長谷川等伯、マーク・ロスコ、河原温、榎倉康二らの影響を強く受ける。また1985年のヨーロッパ旅行では、ル・コルビュジエロンシャン礼拝堂やルドルフ・シュタイナーの人智学協会の本部のある建物ゲーテアヌム(スイス、ドルナッハ)に強い衝撃を受ける。1983年に画廊パレルゴン(東京)にて初個展を開催。時間、空間、人間、自然の有機的な関係性の追求というテーマは活動の最初期より一貫しており、作品制作・発表を始めたばかりの1980年代初頭には、ビロードを張った15センチメートル四方のボックスを公園や河原に置いて、他者の反応を記録する一連のパフォーマンス『NATURE AND ARTIFICIALITY』(『NA・AR』)を行った。
 1980年代のなかばごろより一連のデジタル・カウンター作品を制作、発表しはじめる。これは、発光ダイオード(LED)を用いて作った1~9のカウンターが、照明を落とした室内の壁や床などに配置され、それぞれ異なる速度で明滅を繰り返すインスタレーションで、多くのバリエーションが制作された。「それは変わりつづける」「それはあらゆるものと関係を結ぶ」「それは永遠に続く」という三つの制作コンセプトは人間のライフ・サイクルの連続性や永遠性を示すものであり、カウンターの数字に0(ゼロ)が含まれない事実には、しばしば仏教的な輪廻(りんね)思想の影響も指摘される。1988年の「ハラ・アニュアル」展(原美術館、東京)で注目を集めた宮島は、同年のベネチア・ビエンナーレにデジタル・カウンター作品『光の海』を引っさげて登場。若手アーティストの登竜門であった「アペルト88」で国際的な注目を集めるようになり、また同じく1999年(平成11)のベネチア・ビエンナーレには日本館代表作家として、5×34メートルの巨大な壁面に2400個もの発光ダイオードをちりばめ、広島や長崎の原爆による多数の死を表現した『メガデス』を出品、日本を代表する現代美術アーティストとしての貫禄と成熟を示した。
 デジタル・カウンター作品が代名詞となった観の強い宮島だが、1995年以降には初期のころに行っていたパフォーマンスを再開し、また同年より長崎で被爆した柿の木を再生し、その苗木を各地の学校に植樹する「『時の蘇生』柿の木プロジェクト」を開始するなど、時間や人間のライフ・サイクルというテーマに対して、デジタル・カウンター作品以外の多様なアプローチを試みている。国内外で多くの個展を開催しているほか、原美術館、東京オペラシティ、ファーレ立川(東京)、ベネッセアートサイト直島(なおしま)(香川県)などには作品が恒久設置されている。東北芸術工科大学副学長。[暮沢剛巳]
『『直島、家プロジェクト「角屋」』(2001・ベネッセコーポレーション) ▽「宮島達男展 Mega Death shout! shout! count!」(カタログ。2000・東京オペラシティギャラリー)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮島達男の関連キーワード蓮田修吾郎赤津実新規矩男越智健三彼末宏杉全直内藤四郎福地復一毛利登矢代 秋雄

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮島達男の関連情報