丹後山地(読み)タンゴサンチ

デジタル大辞泉の解説

たんご‐さんち【丹後山地】

京都府北西部・兵庫県北東部に広がる山地東西約40キロメートル、南北約20キロメートルのほぼ長方形区域主峰大江山で、400~600メートルの低い山々からなる。円山(まるやま)川と由良(ゆら)川の間を占め、南に福知山盆地、西に豊岡盆地などの山間沖積地を形成する。かつては丹後縮緬(ちりめん)機業が盛んだった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たんごさんち【丹後山地】

京都府北西部と兵庫県北東部にまたがる山地。西は円山(まるやま)川(朝来(あさご)川),東は由良川に限られ,北部は丹後半島に接する。東部に宮津盆地,西部に豊岡盆地がある。花コウ岩類の基盤を新生代第三紀層や第三紀に噴出した安山岩玄武岩などが覆っており,円山川沿いの名勝玄武洞は最も新しい玄武岩よりなる。主峰大江山(833m)は蛇紋岩とカンラン岩からなり,北東方の千丈ヶ原にはかつてニッケル鉱山があった。丹後半島と接する部分の東側には,宮津湾阿蘇海,栗田(くんだ)湾といった断層性の沈降海岸が見られ,天橋立などの名所があり若狭湾国定公園の一部をなす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕丹後山地(たんごさんち)


京都府北西部から兵庫県北東部にまたがる山地。東は由良(ゆら)川、西は円山(まるやま)川で限られる。東西約40km、南北約25km。主峰は標高833mの大江(おおえ)山(千丈ヶ(せんじょうが)嶽)。標高400~600mの緩傾斜地が広がる。小断層によって多くの小地塊に分かれ、浸食が激しい。地表は花崗(かこう)岩を基盤に安山岩・玄武岩でおおわれる。円山川沿いの西端部に玄武岩の柱状節理で有名な玄武洞(げんぶどう)(国指定天然記念物)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丹後山地
たんごさんち

京都府北西部から兵庫県北東部にまたがる山地。大江山(832メートル)を主峰とする。東の丹波(たんば)高地とは由良(ゆら)川、西の但馬(たじま)山地とは円山(まるやま)川で境する。丹波高地と同じように開析された隆起準平原の山地であるが、古生層を主とする丹波高地と異なって、丹後山地は花崗(かこう)岩を基盤に、第三紀層や第三紀に流出した安山岩や流紋岩が広く分布している。高度は400~600メートル、縦横に走る小断層によって多くの小地塊に分かれる。なかでも丹後半島は日本海に北東方向に突出した地塊であり、また、南部には東西方向に隆起した大江山地塊がある。平地に乏しく、積雪が多いので、農業は一般に不振で過疎化も著しい。農家の副業として丹後縮緬(ちりめん)機業が盛んであったが現在は停滞している。[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android