コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家資分散 かしぶんさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家資分散
かしぶんさん

現在の破産制度の前身。家資分散法 (明治 23年法律 69号) によって創設されたものであり,それ以前の「身代限」とか「分散」とか呼ばれた慣習法的制度に代ったものである。家資分散の制度は,商人以外の一般人に妥当するものであって,商人については旧商法が破産の制度を規定していた。この2つを統合したものが現行の破産法である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かしぶんさん【家資分散】

強制執行をしてもその債務を弁済する資力のない債務者に対して,裁判所が家資分散者である旨を宣告し公示する制度。フランスのデコンフィチュールdéconfitureに倣い1890年の家資分散法により制定され1922年の現行破産法によって廃止されるまで行われた。家資分散の対象は,当時の破産制度(1890公布,1893施行の旧商法破産編)が破産宣告の対象を商人に限っていたこと(いわゆる商人破産主義)に対応して,こちらは非商人とするというのが立法者の考えであったようであるが,実際には商人についても行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android