コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身代限 しんだいかぎり

2件 の用語解説(身代限の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

身代限
しんだいかぎり

現代法における強制執行手続に相当する江戸時代の法律手続。判決により日限済方 (ひぎりすみかた) ,すなわち一定日限内の弁済が命ぜられ,これを履行しない場合,当事者と町村役人立ち会いで田畑,屋敷,家蔵,家財,債権証書などの全財産から債務額に応じて物を取り上げ,債権者に交付したが,天保 14 (1843) 年以後,売却代金を交付するようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんだいかぎり【身代限】

江戸時代の強制執行で,身体限とも書き,身上限(しんしようかぎり)ということもある。債務者の総財産に対する執行であるところから,破産の前身である〈分散〉としばしば混同されたが,幕府法では両者を明確に区別している。身代限は官憲的執行であって,出入筋(でいりすじ)の判決手続で〈日限済方(ひぎりすみかた)〉ないし〈切金(きりがね)〉による弁済を命ぜられた債務者(百姓,町人)がこれに応じない場合に,奉行所の申付けによって実施された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の身代限の言及

【分散】より

…割賦(割符)(わつぷ)ともいう。しばしば〈身代限(しんだいかぎり)〉と混同され,明治初年には両者が制度的に合体するが,江戸幕府法上は,裁判所による強制執行としての〈身代限〉と,債権者・債務者間の契約による〈分散〉とを,明確に区別している。分散には裁判所の介入は必要的でなく,債務者が総債権者もしくは大多数債権者の同意を得て自己の全財産を委付し,債権者はこれを入札売却して,代金を債権額に応じ配分するのである。…

※「身代限」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

身代限の関連キーワード仮執行強制執行執行罰執行力共同執行執行委任執行処分強制執行妨害罪強制執行免脱罪行政上の強制執行

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone