コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

容閎 ようこう Róng Hóng

2件 の用語解説(容閎の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ようこう【容閎 Róng Hóng】

1828‐1912
中国近代の改革運動家。字は純甫。広東省香山(中山)の人。生地に近い澳門(マカオ)のモリソン学校に学び,1847年(道光27)中国初の留学生として校長S.R.ブラウンにしたがって渡米,50年イェール大学に入学,洗礼を受け帰化した。卒業後帰国して茶・生糸の仲買いに従事,60年太平天国の洪仁玕に新政の提案をしたが運動には参加せず,逆に清側の曾国藩の洋務政策に協力し,72年(同治11)アメリカ留学生派遣を実現したが4年で挫折した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ようこう / ロンホォン
(1828―1912)

中国、清(しん)末の改革主義者。広東(カントン)省中山県に生まれ、マカオで洋式教育を受け、1847年中国人最初の留学生として渡米。50年エール大学に入学し、52年アメリカに帰化。54年同大を卒業し帰国したが、冷遇され、通訳、茶や絹の買付けを業とした。60年洪仁(こうじんかん)に軍事、教育、金融などの近代化策を進言したが受け入れられず、太平天国に失望した。63年曽国藩(そうこくはん)に官営兵器工場設立を献策し、曽の依頼によりその設立に尽力した。70年天津(てんしん)教案には交渉委員丁日昌(ていじつしょう)の通訳として随行し、曽にアメリカへの留学生派遣を進言、72年実現し、留学生の監督として渡米、75年からは駐米副公使を兼務した。以後、日清戦争では戦争継続のための外債を計画し、翌96年国立銀行設立、北京(ペキン)―鎮江(ちんこう)間の鉄道架設を建議したが、反対派の妨害で挫折(ざせつ)した。このころから康有為(こうゆうい)、梁啓超(りょうけいちょう)ら変法派と親交があった。1902年第二の祖国アメリカへ帰国。彼は欧米の制度を導入して中国を近代国家に変えようとしたが、科挙出身でないため冷遇され、洋務派官僚の顧問に終始した。[阿川修三]
『百瀬弘訳注『西学東漸記――容自伝』(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

容閎の関連キーワード演劇改良運動寛政の改革近代主義ツォンカパ洋務運動運動家新舞踊劇運動市古宙三西順蔵波多野善大

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone