コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

容閎 ようこうRóng Hóng

世界大百科事典 第2版の解説

ようこう【容閎 Róng Hóng】

1828‐1912
中国近代の改革運動家。字は純甫。広東省香山(中山)の人。生地に近い澳門(マカオ)のモリソン学校に学び,1847年(道光27)中国初の留学生として校長S.R.ブラウンにしたがって渡米,50年イェール大学に入学,洗礼を受け帰化した。卒業後帰国して茶・生糸の仲買いに従事,60年太平天国の洪仁玕に新政の提案をしたが運動には参加せず,逆に清側の曾国藩の洋務政策に協力し,72年(同治11)アメリカ留学生派遣を実現したが4年で挫折した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ようこう / ロンホォン
(1828―1912)

中国、清(しん)末の改革主義者。広東(カントン)省中山県に生まれ、マカオで洋式教育を受け、1847年中国人最初の留学生として渡米。50年エール大学に入学し、52年アメリカに帰化。54年同大を卒業し帰国したが、冷遇され、通訳、茶や絹の買付けを業とした。60年洪仁(こうじんかん)に軍事、教育、金融などの近代化策を進言したが受け入れられず、太平天国に失望した。63年曽国藩(そうこくはん)に官営兵器工場設立を献策し、曽の依頼によりその設立に尽力した。70年天津(てんしん)教案には交渉委員丁日昌(ていじつしょう)の通訳として随行し、曽にアメリカへの留学生派遣を進言、72年実現し、留学生の監督として渡米、75年からは駐米副公使を兼務した。以後、日清戦争では戦争継続のための外債を計画し、翌96年国立銀行設立、北京(ペキン)―鎮江(ちんこう)間の鉄道架設を建議したが、反対派の妨害で挫折(ざせつ)した。このころから康有為(こうゆうい)、梁啓超(りょうけいちょう)ら変法派と親交があった。1902年第二の祖国アメリカへ帰国。彼は欧米の制度を導入して中国を近代国家に変えようとしたが、科挙出身でないため冷遇され、洋務派官僚の顧問に終始した。[阿川修三]
『百瀬弘訳注『西学東漸記――容自伝』(平凡社・東洋文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

容閎の関連キーワード江南製造局

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android