宿曜経(読み)しゅくようぎょう(英語表記)Su-yao-jing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宿曜経
しゅくようぎょう
Su-yao-jing

中国,唐代のインドの二十八宿七曜などを述べた選訳書。『文殊師利菩薩及諸仙所説吉凶時日善悪宿曜経』が正式の書名で,中国密教の完成に努めた僧不空の訳。上下2巻。訳を史瑤が編集,それを楊景風が改集しところどころ註記したもので,広徳2 (764) 年に完成。インドの暦学と占星法の書で,天上の星の動き,その場所と,地上の人間の運命とは関係があるという考え方がみられる。七曜にはサンスクリット語ほか,ペルシア語ソグド語突厥語などがみえる。平安時代初期日本に伝わり,宿曜道 (すくようどう) の根本となった。

宿曜経
すくようぎょう

宿曜経」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

すくようきょう【宿曜経】

経典。二巻。中国唐代の不空がインドの経典を訳したものといわれる。天文・暦法から運命を占い、日のよしあしを判断する方法を説く。密教の特定の修法の日は、本経によって決められる。しゅくようきょう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android