宿曜経(読み)しゅくようぎょう(英語表記)Su-yao-jing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「宿曜経」の解説

宿曜経
しゅくようぎょう
Su-yao-jing

中国,代のインドの二十八宿七曜などを述べた選訳書。『文殊師利菩薩及諸仙所説吉凶時日善悪宿曜経』が正式の書名で,中国密教の完成に努めた僧不空の訳。上下2巻。訳を史瑤が編集,それを楊景風が改集しところどころ註記したもので,広徳2 (764) 年に完成。インドの暦学と占星法の書で,天上の星の動き,その場所と,地上の人間の運命とは関係があるという考え方がみられる。七曜にはサンスクリット語ほか,ペルシア語,ソグド語,突厥語などがみえる。平安時代初期日本に伝わり,宿曜道 (すくようどう) の根本となった。

宿曜経
すくようぎょう

宿曜経」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「宿曜経」の解説

しゅくよう‐きょう シュクエウキャウ【宿曜経】

密教の経典。インドの経典を唐の不空が訳したものといわれるが、中国の撰述ともいわれ、その成立は明らかでない。七曜(日月五星)、十二宮、二十八宿の関係によって、日々の吉凶を定め、誕生日による人の一生の運命を占う方法を説いた書。すくようきょう。

すくよう‐きょう スクエウキャウ【宿曜経】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

占い用語集「宿曜経」の解説

宿曜経

宿曜占星術のこと。「文殊師利菩薩及諸仙所説吉凶日善悪宿曜経」(もんじゅしりぼさつしょせんしょせつきっきょうじじつぜんあくしゅくようきょう)の略称。基は、インド占星術で使われるナクシャトラのこと。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

デジタル大辞泉「宿曜経」の解説

すくよう‐きょう〔スクエウキヤウ〕【宿曜経】

仏典。2巻。不空訳。七曜十二宮二十八宿の関係によって一生の運命や一日の吉凶を判断する方法を説いたもの。しゅくようきょう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android