コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寂源 じゃくげん

1件 の用語解説(寂源の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

寂源

没年:万寿1.3.2(1024.4.12)
生年:康保2(965)
平安中期の天台宗の僧。一説に天徳4(960)生まれ。左大臣源雅信と源穆子の子。俗名は時叙。寛和2(986)年,右少将のときに出家したので大原入道少将と呼ばれた。皇慶の弟子となり,長和1(1012)年,伝燈大法師位にあるとき,胎蔵界,金剛界の両部灌頂を受ける。密教を学びながらも長年にわたり常行三昧を修し,同2年京都・大原に勝林院を創設し,阿弥陀坐像を安置した。姉に藤原道長の室倫子がいることもあって,道長,頼通をはじめ貴族たちの信仰を集めた。毘沙門天が彼を護り,臨終のときには正念して往生(一説に即身成仏)したという。

(三橋正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寂源の関連キーワード恵心僧都百如慈芳普門円通孝暢元三大師天徳一乗要決行真最円勝範

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone