コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士松加賀太夫 ふじまつかがたゆう

百科事典マイペディアの解説

富士松加賀太夫【ふじまつかがたゆう】

新内節の太夫の芸名。10世まである。初世富士松魯中の前名。5世〔1855-1892〕は初世の三男。《花井お梅》《高橋お伝》などを作曲。7世〔1856-1930〕は本名小林文太郎。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじまつかがたゆう【富士松加賀太夫】

新内節富士松派の演奏家。7世がもっとも有名で5世がそれに次ぐ。2~4世については未詳。(1)初世 初世富士松魯中の前名。(2)5世(1855‐92∥安政2‐明治25) 初世富士松魯中の三男。江戸の生れ。初世富士松紫朝に学んで,富士太夫,歌賀太夫をへて1880年5世を襲名。《花井お梅》《高橋お伝》などの作品がある。(3)6世 2世富士松魯中の後名。(4)7世(1856‐1930∥安政3‐昭和5) 本名小林文太郎。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の富士松加賀太夫の言及

【新内節】より

…これを段物(だんもの)という。 幕末になって鶴賀加賀八太夫が富士松家を再興し,富士松加賀太夫(のち富士松魯中)を名のり,安政(1854‐60)のころに品よく渋い新作を作り,富士松浄瑠璃と称した。なお彼には滑稽(こつけい)な(チャリ物という)《弥次喜多》3段もある。…

【花井お梅】より

…1887年6月9日,東京日本橋浜町の料亭酔月楼の女主人花井お梅が,番頭の峰吉を刺し殺した事件は当時評判になり,《東京絵入新聞》は虚実とりまぜた読物〈花井於梅酔月奇聞〉を連載した。その一部を5世富士松加賀太夫が脚色し,88年3月に作曲したもの。明治期の作品らしく当時の風俗が巧みにとり入れられており,〈うきふし繁き……〉や〈向うへチラチラ小提灯……〉などはよく知られた曲節で,現在も流行している。…

【富士松魯中】より

…1829年(文政12)ごろ写し絵入り新内節を語り,翌年,浅草の船宿に妻とともに夫婦養子に入ったが,38年(天保9)ごろ3代目家元鶴賀鶴吉の娘ひでとの恋愛問題などで破門された。このため都路加賀太夫を名のったが,天保末期には中絶していた富士松家を再興し,富士松加賀太夫魯中と改名,のち俳名の魯中のみを称した。しかし鶴賀より従来の新内節を語ることを禁じられたため,福岡・久留米の富士松紫朝をはじめ一門の高弟の協力を得て新作に専念し,《真夢(まさゆめ)》《弥次喜多(三段)》《高野山(こうやさん)》など60曲ほどの作品を残した。…

【柳家紫朝】より

…今日の富士松派ではこの人を2世富士松紫朝とする。初世ゆずりの渋い芸は,陽性の7世富士松加賀太夫と対抗し,別の人気を博して名人といわれた。富士松紫朝【竹内 道敬】。…

※「富士松加賀太夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

富士松加賀太夫の関連キーワード富士松 加賀太夫(9代目)富士松 加賀太夫(7代目)富士松 加賀太夫(8代目)岡本 宮古太夫(2代目)富士松 薩摩掾(2代目)富士松 薩摩掾(3代目)富士松加賀太夫(9代)富士松 魯中(2代目)富士松加賀太夫(9世)春日井 梅鶯(1代目)吾妻路宮古太夫(4代)富士松加賀太夫(8世)富士松薩摩掾(2代)春日井 梅鶯(初代)富士松薩摩掾(3代)岡本宮古太夫(2代)富士松魯中(2代)富士松魯中(初代)新内節富士松派3月30日

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android