コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士松紫朝 ふじまつしちょう

世界大百科事典 第2版の解説

ふじまつしちょう【富士松紫朝】

新内節富士松派の演奏家。(1)初世(1827‐1902∥文政10‐明治35) 本名佐藤竹次郎。福岡・久留米の人。盲目で,幼少より地歌・箏曲を学ぶ。1846年(弘化3)江戸に出て初世富士松魯中に入門,その新作運動に協力,とくに義太夫節種の新内化にはみずから義太夫節を学んで助けたという。幕末には寄席に出て弾き語りをし,渋く品のいい芸は名人といわれた。晩年は久留米に帰り,俗に〈久留米の紫朝〉といわれる。弟子に5世富士松加賀太夫柳家紫朝,名古屋の富士松春太夫(1877‐1941)らがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の富士松紫朝の言及

【新内節】より

…明治の初期,魯中の子の5世加賀太夫が《花井お梅》《高橋お伝》などの作品を発表した。彼を育成したのは久留米の富士松紫朝(しちよう)という盲目の名人で,三味線の名手と伝える。同じく盲目の名人の柳家紫朝(しちよう)も鶴賀派の出であるがこの人に学んだ。…

【柳家紫朝】より

…鶴賀花太夫の弟子で初名鶴賀花蝶。のち久留米の初世富士松紫朝に学び富士松紫玉,のち佐交。1899年旧師から異議が出て富士松姓をやめ,鶴賀に籍を残したまま色物の柳派に加わり,柳家柴朝を名のって寄席に出演した。…

※「富士松紫朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

富士松紫朝の関連キーワード富士松 加賀太夫(5代目)富士松 紫朝(3代目)富士松加賀太夫(5世)富士松加賀太夫(5代)富士松紫朝(2代)富士松魯中(初代)柳家 紫朝(初代)新内節富士松派古賀 城武柳家柴朝古賀城武新内節

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android