コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富沢[町](読み)とみざわ

世界大百科事典 第2版の解説

とみざわ【富沢[町]】

山梨県南部,南巨摩(みなみこま)郡の町。人口4373(1995)。東縁を富士川が南流し,西から南へかけて静岡県と接する。町域の9割近くが山林で,杉,ヒノキの良材を産し,茶,たけのこシイタケ,ショウガの栽培も盛ん。近年,自動車や電機の部品工場が進出しているが,静岡県への通勤・通学者も多い。赤石山脈南端の山地から東流する福士川の上流には,東京大学地震観測所,町営ロッジ,民宿がある。東市組地区の最恩寺仏殿は重要文化財に指定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android