コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食べる タベル

2件 の用語解説(食べるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

た・べる【食べる】

[動バ下一][文]た・ぶ[バ下二]《尊敬語「たぶ」(四段)に対応する謙譲語》
食物をかんで、のみこむ。「生(なま)で―・べる」「ひと口―・べてみる」
暮らしを立てる。生活する。「なんとか―・べていくくらいの蓄えはある」

㋐「食う」「飲む」の謙譲語。いただく。食(とう)ぶ。
「御仏供(ぶく)のおろし―・べむと申すを」〈・八七〉
㋑「食う」「飲む」を、へりくだる気持ちをこめて丁寧にいう語。
「さかづきが―・べたいと申して参られてござる」〈虎明狂・老武者〉
「私は茶が嫌ひだから、これを―・べます」〈滑・浮世風呂・前下〉
[補説]本来は上位者からいただく意。ありがたくいただいて食す意から、自己の飲食する行為をへりくだって言うようになり、さらに、「食う」をやわらげていう丁寧な言い方に変わった。現代語では「食う」に比べれば丁寧な言い方であるが、敬意はほとんどない。また、現代では一般に飲む行為には用いられない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たべる【食べる】

( 動下一 ) [文] バ下二 た・ぶ
〔本来は「賜ぶ」に対する謙譲語で、「いただく」の意。飲食物の場合に限って用いられる〕
食物を口に入れ、かんで飲み込む。現在では「食う」よりは上品な言い方とされる。 「果物を-・べる」 「朝食を-・べる」
生計を立てる。生活する。暮らす。 「こう物価が上がっては-・べていけない」
「飲む」「食う」の謙譲語、また丁寧語。 「かの蒜ひるくさき御肴こそいと-・べまほしけれ/宇津保 蔵開上」 「身共もけさ出立に-・べたれども、はやさめておりやる/狂言・船渡聟」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食べるの関連キーワード思い比べる焼べる差伸べる統べる食べ比べる取並べる述べる纏べる見比べる申述べる

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

食べるの関連情報