食べる(読み)タベル

デジタル大辞泉「食べる」の解説

た・べる【食べる】

[動バ下一][文]た・ぶ[バ下二]《尊敬語「たぶ」(四段)に対応する謙譲語
食物をかんで、のみこむ。「なまで―・べる」「ひと口―・べてみる」
暮らしを立てる。生活する。「なんとか―・べていくくらいの蓄えはある」

㋐「食う」「飲む」の謙譲語。いただく。とうぶ。
「御仏供ぶくおろし―・べむと申すを」〈・八七〉
㋑「食う」「飲む」を、へりくだる気持ちをこめて丁寧にいう語。
「さかづきが―・べたいと申して参られてござる」〈虎明狂・老武者
「私は茶が嫌ひだから、これを―・べます」〈浮世風呂・前下〉
[補説]本来は上位者からいただく。ありがたくいただいて食す意から、自己の飲食する行為をへりくだって言うようになり、さらに、「食う」をやわらげていう丁寧な言い方に変わった。現代語では「食う」に比べれば丁寧な言い方であるが、敬意はほとんどない。また、現代では一般に飲む行為には用いられない。
[類語](1食うしょくする喫するしたためる食らう平らげるぱくつく頰張ほおばき込むつつく賞味する味わう口にするはしを付ける(弁当を)使う(尊敬)召し上がる上がる召す聞こし召す(謙譲)頂く頂戴ちょうだいする(動物が)ついばむ/(2食う暮らすやってゆく生活する口をのりする糊口ここうしの暮らし世渡り渡世とせい処世しょせい起居寝食しんしょく寝起き衣食住生きる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android