コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寸寸 ズタズタ

デジタル大辞泉の解説

ずた‐ずた【寸】

[副]《「つだつだ」の音変化。「ずだずだ」とも》きれぎれになるさま。「寸寸に引き裂く」「大雨で鉄道が寸寸断される」

すん‐ずん【寸寸】

[副]《「ずんずん」とも》物を細かく切るさま。ずたずた。
「書いた所は―に引き裂いて屑籠(くずかご)へ投げ込んだ」〈漱石こゝろ

つだ‐つだ【寸/段】

[形動ナリ]細かくばらばらなさま。ずたずた。
「―ニ切リ離ス」〈日葡

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ずたずた【寸寸】

〔「つだつだ」の転。「ずだずだ」とも〕
[0] ( 形動 )
細かく切れ切れになるさま。 「 -に切り裂く」 「台風で鉄道ダイヤが-になる」
心や体がひどく傷ついたさま。 「身も心も-だ」 「チーム状態は-だ」
[1] ( 副 )
こまかく。きれぎれに。 「忽ち-と引分けられ/婦系図 鏡花

すんずん【寸寸】

( 副 )
〔「ずんずん」とも〕
物を細かくいくつにも切るさま。ずたずた。 「 -ニ切ル/日葡」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

寸寸の関連キーワード大雨

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android