コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺本婉雅 てらもとえんが

3件 の用語解説(寺本婉雅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寺本婉雅
てらもとえんが

[生]明治5(1872).12.18. 愛知
[没]1940.12.
チベットに3回入国したチベット学者。 1899年成都から打箭炉を経てパタンまで入ったが,志をとげず帰国。 1900年北清事変に陸軍通訳として従軍,北京版大蔵経などを請来,雍和宮座首アキャフトゥクトゥを日本に招いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺本婉雅 てらもと-えんが

1872-1940 明治-昭和時代前期の仏教学者。
明治5年3月21日生まれ。34年からチベットの僧院でまなび,ラマ教を研究。大正4年真宗大谷大教授となり,チベット語による仏教研究の道をひらく。北京版チベット大蔵経を日本にもたらしたことでも知られる。昭和15年12月19日死去。69歳。滋賀県出身。真宗大(現大谷大)中退。著作に「西蔵語文法」,訳書に「于闐(うてん)国史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

てらもとえんが【寺本婉雅】

1872‐1940(明治5‐昭和15)
北京版《チベット大蔵経》を日本にもたらした仏教学者。1900年(光緒26)〈北清事変〉に従軍してチベット語文献を初めて大量に日本に将来した。05年青海のクンブムからラサに至り,シガツェ(日喀則)を経てインドに出た。08年山西五台山に行き,ダライ・ラマ13世と大谷尊由の会見を準備した。翌年帰国して研究生活に入り,15年以後大谷大学教授を務めた。将来文献は同大学に所蔵。【山口 瑞鳳】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寺本婉雅の関連キーワードチベット語チベット高原チベット高気圧支那チベット諸語助兵衛ったらしいチベットヒマラヤ山塊青海チベット鉄道《チベット大蔵経》チベット種 (Tibet)チベット占星術

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone