コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺田透 てらだとおる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寺田透
てらだとおる

[生]1915.3.16. 横浜
[没]1995.12.21. 横浜
評論家,フランス文学者。第一高等学校を経て 1937年東京大学仏文科卒業。ランボーやバルザック研究で知られ,東大教養学部助教授をつとめたが,71年東大紛争を機として退官した。かたわら文芸評論を執筆し,『作家私論』 (1949) ,『寺田透文学論集』 (51) をまとめた。批評対象への鋭い切込みと独特の感受性,思想の完全な表現を求める言語への意志は比類がなく,独創的な批評世界を築いた。道元をはじめ中世の古典,美術,表現論など対象領域を次第に拡大し,『表現の思想』 (63) ,『ドラクロア』 (68) ,『道元の言語宇宙』 (74) など多くの著書がある。ほかに『寺田透・評論』 (第1期7巻,69~75,第2期8巻,77~81) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

寺田透【てらだとおる】

評論家,仏文学者。横浜市生れ。東大仏文科卒。在学中に立原道造杉浦明平らと同人誌未成年》を刊行し,詩,小説,評論を発表。しかし本格的な評論活動は戦後に属する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺田透 てらだ-とおる

1915-1995 昭和後期-平成時代の文芸評論家,フランス文学者。
大正4年3月16日生まれ。昭和24年「作家私論」を発表。以後「現代日本作家研究」「バルザック―人間喜劇の平土間から」「わが中世」など,古今東西にわたり多面的に評論を展開。45年「芸術の理路」で毎日出版文化賞,53年「義堂周信絶海中津(ちゅうしん)」で毎日芸術賞。ほかに「道元の言語宇宙」など。38年母校東大の教授となるが,44年東大紛争で辞職。平成7年12月21日死去。80歳。神奈川県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てらだとおる【寺田透】

1915~1995) 文芸評論家・フランス文学者。横浜市生まれ。東大卒。バルザック・ランボー・道元などを論じ、柔軟な批評精神によって、詩論・美術論など多方面に活躍。著「バルザック-人間喜劇の平土間から」「我が中世」「道元の言語宇宙」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寺田透
てらだとおる
(1915―1995)

評論家、フランス文学者。横浜市生まれ。第一高等学校から東京帝国大学仏文科に進み、1935年(昭和10)立原(たちはら)道造らと同人誌『未成年』を創刊。戦後、本格的な文芸評論の道に入り、明治から現代に至る日本の作家を対象とした第一評論集『作家私論』(1949)を刊行。ついで『寺田透文学論集』(1951)では、バルザック、バレリーら外国作家を論じた。日本古典への造詣(ぞうけい)も深く、また美術論や詩論など関心は多岐にわたるが、終始「無垢(むく)の知覚、柔軟な感受性、とらわれぬ知性によって」対象の根源に迫ろうとする姿勢を貫いている。[宗像和重]
『『寺田透・評論』第一期七巻、第二期八巻(1969~75、1977~81・思潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

寺田透の関連キーワード道(思想)杉浦 明平和泉式部正法眼蔵近代文学評論家戦後派

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android