コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺田透 てらだとおる

5件 の用語解説(寺田透の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寺田透
てらだとおる

[生]1915.3.16. 横浜
[没]1995.12.21. 横浜
評論家,フランス文学者。第一高等学校を経て 1937年東京大学仏文科卒業。ランボーバルザック研究で知られ,東大教養学部助教授をつとめたが,71年東大紛争を機として退官した。かたわら文芸評論を執筆し,『作家私論』 (1949) ,『寺田透文学論集』 (51) をまとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

寺田透【てらだとおる】

評論家,仏文学者。横浜市生れ。東大仏文科卒。在学中に立原道造杉浦明平らと同人誌《未成年》を刊行し,詩,小説,評論を発表。しかし本格的な評論活動は戦後に属する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺田透 てらだ-とおる

1915-1995 昭和後期-平成時代の文芸評論家,フランス文学者。
大正4年3月16日生まれ。昭和24年「作家私論」を発表。以後「現代日本作家研究」「バルザック―人間喜劇平土間から」「わが中世」など,古今東西にわたり多面的に評論を展開。45年「芸術の理路」で毎日出版文化賞,53年「義堂周信絶海中津(ちゅうしん)」で毎日芸術賞。ほかに「道元の言語宇宙」など。38年母校東大の教授となるが,44年東大紛争で辞職。平成7年12月21日死去。80歳。神奈川県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

てらだとおる【寺田透】

1915~1995) 文芸評論家・フランス文学者。横浜市生まれ。東大卒。バルザック・ランボー・道元などを論じ、柔軟な批評精神によって、詩論・美術論など多方面に活躍。著「バルザック-人間喜劇の平土間から」「我が中世」「道元の言語宇宙」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寺田透
てらだとおる
(1915―1995)

評論家、フランス文学者。横浜市生まれ。第一高等学校から東京帝国大学仏文科に進み、1935年(昭和10)立原(たちはら)道造らと同人誌『未成年』を創刊。戦後、本格的な文芸評論の道に入り、明治から現代に至る日本の作家を対象とした第一評論集『作家私論』(1949)を刊行。ついで『寺田透文学論集』(1951)では、バルザック、バレリーら外国作家を論じた。日本古典への造詣(ぞうけい)も深く、また美術論や詩論など関心は多岐にわたるが、終始「無垢(むく)の知覚、柔軟な感受性、とらわれぬ知性によって」対象の根源に迫ろうとする姿勢を貫いている。[宗像和重]
『『寺田透・評論』第一期七巻、第二期八巻(1969~75、1977~81・思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寺田透の関連キーワード東義国天城勲辻隆豊嶋一喜羽田春兔村山達雄安井吉典山下和夫河野道代坂田泥華(14代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寺田透の関連情報