コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

封建的土地所有 ほうけんてきとちしょゆうfeudal tenure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

封建的土地所有
ほうけんてきとちしょゆう
feudal tenure

封建社会の基礎にある土地所有の形態。封建領主が土地を所有し,農民は土地を保有はするが農奴として土地に縛りつけられ,経済外的強制によって領主は農民からその全剰余労働を封建地代として徴収する。農民は土地および生産手段を保有するという点で奴隷制的土地所有とは異なるが,領主的強制によって地代を領主に徴収されるという点で近代的土地所有と異なる。封建的土地所有は生産力の発展による農民層の分解,農民一揆などにより次第に弱体化する。イギリスでは 11世紀初め頃より成立し,15~16世紀の独立自営農民の台頭により事実上解体し,フランスではカロリング朝時代のフランク王国で成立し,フランス革命によって廃棄された。しかし,東欧,ロシアなどでは 19世紀にいたってもその関係は残存したといわれる。また,日本では第2次世界大戦前の地主,小作関係をめぐって封建的土地所有か否かの論争がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

封建的土地所有【ほうけんてきとちしょゆう】

封建領主が経済外的強制により農民を土地に縛りつけ,剰余労働を封建地代として搾取する土地所有形態。農民は土地の保有・耕作権をもつだけで,領主の身分的・人格的支配を受ける。
→関連項目地主資本家的土地所有

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の封建的土地所有の言及

【土地所有】より

…〈土地所有〉は,そのような人間と土地との結びつき方の一つであるが,歴史的にみれば,社会の発展段階に照応するさまざまな形態がある。それらを世界史的視点からおおまかに分けてみるならば,(1)(原始)共同体的土地所有,(2)奴隷制的土地所有,(3)封建的土地所有,(4)農民的土地所有,(5)近代的土地所有,(6)社会主義的土地公有の六つになる。 (1)および(6)は,土地が社会全体の所有に属し,特定の個人もしくは団体のものではないという意味では,むしろ〈所有〉ではないといってもよい。…

※「封建的土地所有」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

封建的土地所有の関連キーワードリスト(Friedrich List)グルントヘルシャフト職(所有の形態)タールクダール講座派・労農派田畑勝手作許可ブルジョアジーポメスティエ土地革命戦争身分統制令レフォルマ分割地所有ウクラード私有財産制分割地農民在地領主制新三民主義幕藩体制絶対主義市民社会

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android