コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山松吉 こやままつきち

2件 の用語解説(小山松吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小山松吉
こやままつきち

[生]明治2(1869).9.28. 茨城
[没]1948.3.27. 東京
司法官僚。独逸協会学校を卒業後,長崎地方裁判所判事,同控訴院判事,同地裁部長,東京控訴院検事,神戸地裁検事正,長崎控訴院検事などを経て 1917年大審院検事となった。その後,24年鈴木喜三郎のあとをうけて検事総長に就任,32年には斎藤内閣の司法相となったが,赤化判事事件に遭遇。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山松吉 こやま-まつきち

1869-1948 明治-昭和時代前期の司法官,政治家。
明治2年9月28日生まれ。大審院検事などをへて大正13年検事総長。大逆事件,三・一五事件などおおくの思想事件を手がけた。昭和7年斎藤内閣の法相。9年法大総長。貴族院議員。昭和23年3月27日死去。80歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。独逸学(ドイツがく)協会学校(現独協大)卒。旧姓は高瀬。著作に「刑事訴訟法提要」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小山松吉の関連キーワード江見水蔭到津公煕佐々木文一中川泉三鍋島直明西川乕吉別府丑太郎松平直徳松平直平矢川ミキ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone