コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山松吉 こやままつきち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小山松吉
こやままつきち

[生]明治2(1869).9.28. 茨城
[没]1948.3.27. 東京
司法官僚。独逸協会学校を卒業後,長崎地方裁判所判事,同控訴院判事,同地裁部長,東京控訴院検事,神戸地裁検事正,長崎控訴院検事などを経て 1917年に大審院検事となった。その後,24年鈴木喜三郎のあとをうけて検事総長に就任,32年には斎藤内閣の司法相となったが,赤化判事事件に遭遇。 34年司法相辞任後,貴族院議員勅選され,法政大学総長などをつとめた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山松吉 こやま-まつきち

1869-1948 明治-昭和時代前期の司法官,政治家。
明治2年9月28日生まれ。大審院検事などをへて大正13年検事総長。大逆事件,三・一五事件などおおくの思想事件を手がけた。昭和7年斎藤内閣の法相。9年法大総長。貴族院議員。昭和23年3月27日死去。80歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。独逸学(ドイツがく)協会学校(現独協大)卒。旧姓高瀬。著作に「刑事訴訟法提要」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小山松吉の関連キーワード統帥権干犯問題小林 芳郎高瀬羽皐国本社司法官

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android